10%増税前の今、建て替えや収益物件の建設が急増中!

土地や古いビルのオーナーさんは必見です!

後回しにして損しないためにも、必ず知っておきたい情報ですので

最後まで読んでください。

2019年10月からの消費税の10%への引き上げ前に、

建て替えや建築をするなら今が絶好のチャンスだということをご存知でしたか?

まだ間に合う今のタイミングで収益物件の建設を検討中の方が非常に増えています。

 

以下のようなお悩みや不安はありませんか?

①将来的に建て替えを考えているが、どこに相談していいかわからない。

②土地を持っているが、相続税対策をどうするのか悩んでいる。

③税金がだいたいいくらかかるのか?自分の土地にどんな建物がどのくらいで建つのか知りたい。

④古いビルなので耐震工事だけで将来大丈夫なのか知りたい。

⑤とりあえず時間貸し駐車場にしているが、収益が低く将来的に不安がある。

⑥建物が古いので、漏水のトラブルが多くて困っている。

⑦建物が古いのでまずは解体費用を知りたい。

⑧建設会社に相談はしているが他の業者の意見も聞いてみたい。

⑨息子や娘に不動産を引き継がないから処分してくれと言われどうしようか困っている。

⑩不動産の事で気軽に何でも相談できる業者がいなくて困っている。

など1つでも当てはまる方がいらっしゃいましたら、まずはご相談ください。

 

相続税対策などを中心に何もせず放置して後で多額の税金が発生して

結局全て手放さざるを得なくなり、大損した方は

大変多くいらっしゃいます。

そうならないためにも今からあなたの不動産について

これからどうするのか具体的に検討してみませんか?

 

あなたの不動産のお悩みは何でも、専門スタッフがスムーズに解決いたします!

今すぐでなくても賃貸物件の建設や売却などはある程度の時間がかかることです。

 

将来的にどうするかの方向性や問題点の洗い出し、資金のシュミレーションだけでも

事前に知っておくかどうかで、いざ実行する時に大きく違いが出ます。

 

建て替えや売却、賃貸管理もおまかせください

 

お持ちのビルや土地でご相談いただき、建て替えるとどのくらいの予算で可能かどうかや

どのような間取りの物件が建設できるのか?

 

また、建て替えせずに売却した場合は最低いくら位になるのか?

 

不動産の評価を計算して相続税はどのくらいになるのか?

 

新築したあとの管理は任せられるのか?

 

など多くのご質問にお答えして様々なご提案をしてきました。

 

不動産は親から子へ引き継いでいくには多額の税金が発生します。

 

事前に専門家に相談して対策を考えておかないと

 

せっかくの資産を大きく目減りさせてて損をしてしまうことになります。

 

あなたにとってベストなご提案は何かを適切に判断してお伝えすることができます。

 

現在稼働中のビルでの賃貸管理のご相談も受け付けています。

毎月の家賃の集金、遅れた場合の連絡など

建物設備の不具合があった時の現場確認、業者の手配、テナントとのやりとり

入居者募集、契約締結、更新業務、退去時の立会や精算

→これら全てをビルオーナー様に代わって行います。

このようなビルをお持ちの方はぜひご検討ください。

 

税金対策のことから建設、管理の事まで「ワンストップ」でおまかせいただけます!

 

無料相談された方に「知らないと損するお得な情報」を贈呈中

間違った建設プランで建ててしまうと

後でやり直しがきかない相続税対策。

 

それを避けるためには、正しい知識を得て、建設後の賃貸管理に詳しい専門家に

最初からプラン設計を相談しながら決めるのが必須です。

 

「土地を更地でそのまま保有し続けた場合と賃貸物件を建設して

賃貸経営をした場合の具体的な違いがわかる資料」を今だけ限定で

無料で差し上げています。

 

知っておいてよかった、知らなかったら損していたと

多くの方から大好評の情報です。

 

簡単30秒で入力が完了するので、まずはこちらからお問い合わせください↓

 

 

 

 

 

 

賃貸物件オーナー様必見!

賃貸管理料が4%に下がる!賃貸管理でお悩みの方はこちら

 

 

 

 

 

 


墨田区江東橋4丁目 貸店舗物件情報 錦糸町の石井不動産

錦糸町駅の南口から徒歩5分 1階店舗 テナント情報のご紹介です。

現在退去済みで、内見可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

所在地 墨田区江東橋4丁目

総武線・地下鉄半蔵門線 錦糸町駅徒歩5分
建物構造 鉄筋コンクリート造4階建ての内1階
家賃   200,000円(税別)
管理費   なし
保証金  150万円

解約償却費 44万円

専有面積 59.5㎡(約18坪)

建築年  1970年2月

引き渡し 即可能

事務所でも利用可能です

他の店舗情報もご紹介可能です。

 

広告有効期限平成31年4月30日

SUUMOやHOMESなどポータルサイトや他社のwebに掲載された物件も

お問い合わせいただければご紹介可能です。

 

 

賃貸物件オーナー様必見!

賃貸管理料が4%に下がる!賃貸管理でお悩みの方はこちら


マンションを建築して賢く相続税を節税する方法

大家さんなどは資金に余裕があればマンションを新しく建設することによって、

相続税を大幅に減らすことができます。

相続税のことが気になりはじめたら是非検討してみるべきです。

どのようなマンションを建てるかの判断は難しいですが、

節税方法としてはマンションを建てるだけですから非常に簡単です。

住宅等の相続税評価額は建築費の約70%に下がるのがポイント

建物の相続税評価額は固定資産税評価額の1.0倍となります。

簡単に言うと建物の相続税評価額は固定資産税評価額と全く同じです。

固定資産税評価額は建築費の70%程度と言われていますから、

相続財産を現金から建築物にかえておけば、

単純計算で相続財産を30%削減することができます。

一般の方であれば、そのままでは相続があった場合に、

相続財産が相続税の基礎控除額を超えて相続税が発生しそうなときは、

現金の一部を使って住宅を建築(又はリフォーム)しておけば、

家屋の固定資産税評価額は建築費の約70%ですから相続財産の価額を圧縮できます。

相続税として税務署に持っていかれるよりは、

住宅の新築・再築・リフォームなどによって相続が始まる前に

現金を建築物にかえてしまうというのは合理的な発想です。

ただし、新築した住宅等の名義を息子などの将来の相続人にしてしまうと

高額の贈与税が取られます。

そのため、息子など将来の相続人のために住宅等を建築した場合であっても、

住宅の名義は親名義にしておきます。

そうすれば、将来の相続の際に相続税は課税されますが、贈与税の課税はありません。

相続税対策として行うマンション建築はオススメ

マンションの大家さんなどであれば、相続が発生する前にマンションの立替や

新築などを行って相続税を節税する方法がより有効です。

マンションなどの建築物が相続財産の場合にはそれが現金である場合よりも

30%程度相続財産を減額できます。

現金でマンションの立替や新築を行うだけで相続税が節税できるので

非常に簡単です。

相続財産のうちどの程度の割合を現金や有価証券で残し、

どの程度の割合をマンションなどの建築物で残すかという配分を決めるのは

簡単ではありません。しかし、相続税の負担が重くなると予測される場合には、

積極的にマンションの建築等の不動産投資を行えば

相続税の負担を軽くすることができるでしょう。

なお、老朽化したマンションでは競争力が弱くなって空室が目立つようになります。

空室が目立って賃貸割合が低くなると、マンションの大家さんなどが保有している

貸家建付地の相続税評価額が下がります。

新築マンションであれば人気が高くなりますので、

空室が目立つということはなくなるでしょう。

空室が少なければ賃貸割合が高くなって、貸家建付地の相続税評価が大きく下がり、

節税効果も大きくなります。

もちろん不動産収入が増大するというメリットもあります。

マンション建築の節税効果はとても大きい

現金でマンションなどを建設すれば、そのマンションは当然他人に

貸し出すことになると思いますが、その場合には当該マンションには

借家権が設定されることになりますが、

借家権の続税評価額は建物価格の30%です。

従って、借家権が設定されているマンションの評価額は

相続税評価額(固定資産税評価額)から1-30%を控除した70%となります。

つまり、現金でアパートを建築した場合には、現金の評価額と建物の評価額の相違によって30%が、

その上、借家権が設定されていることによって30%が、

それぞれ本来の評価額から減じることができます。

現金でマンションを建築してそれを貸し出すという方法によって、

相続税評価額を大きく減らすことができるので、マンションを所有する大家さんなどにとっては

うってつけの節税方法ということができます。

 

あなたの土地にどのような建物を建築できてどれくらいの収入を得ることができるのか

無料でシュミレーションをご提案できますのでお電話やメールでお気軽にご相談ください。

 


相続時精算課税制度についてご存知ですか?

相続税の節税方法の1つに生前贈与を行うというものがありますが、

この方法を活用した場合には高額の贈与税の負担が発生することが問題となります。

しかし、相続時精算課税制度を利用すれば、

贈与税の負担を軽減しながら生前贈与を行うことができます。


生前贈与をすると贈与税の負担が問題となる

相続税を節税したり被相続人がなくなった後に遺産争いが

起こらないようにするための方法の1つに、生前贈与があります。

被相続人が生前に、相続人に予め相続させたいと思っている財産を

贈与しておけば将来の遺産争いを防止できますし、

その分遺産が減るので相続税の節税に役立ちます。

ただし贈与税の税率は10%から最高で55%と非常に高率です。

また、基礎控除額も相続税の場合には最低でも3,600万円であるのに対して、

贈与税の場合には110万円と少ない額となっています。

さらに、相続税が相続人全員で負担するのに対して、

贈与税は個人で負担するのでその支払額が大きくなります。

従って、相続税対策として生前贈与を活用しようとしても

そのままでは非常に高い金額の贈与税の負担が発生するので、

あまり有効な方法ではありません。

しかし、贈与税の相続税精算課税制度を利用すれば、

一定の限度額内であれば非常に効率の良い生前贈与を行うことができます。

贈与税の相続時精算課税制度とは

贈与税の相続時精算課税制度とは、贈与があった年の翌年の確定申告期間に、

贈与税の確定申告書と同時に相続時精算課税制度選択届を

税務署に提出すると利用できる制度ですが、

この制度を利用した場合、生前贈与があった場合に

贈与財産の評価額が2,500万円までは贈与税非課税とすることができます。

贈与財産の評価額が2,500万円を超えた場合には、

超えた分に対して一律20%の税率で贈与税が課税されます。

なお、この制度の適用を受けた生前贈与財産については、

生前贈与を行ったものが死亡した時の相続税の計算の際に、

課税対象となる遺産総額に加算されることになります。

そして、相続時精算課税制度の適用を受けた生前贈与財産を

含んだ遺産総額に基づいて計算した相続税額(生前贈与を受けた者に課税されるもの)から、

相続時精算課税制度の適用によって支払った贈与税額控除した金額が、

最終的に税務署に支払うべき相続税額となります。

この制度を利用した場合には、2,500万円まで贈与税を支払うことなく

生前贈与を行うことができますから、

上手に使うことができれば将来の遺産争いを防止しつつ、

かつ、相続税を節約することができます。

相続時精算課税制度利用時の注意点

相続時精算課税制度が利用できるのは、贈与した年の1月1日において

60歳以上の父母や祖父母から、20歳以上であるその者の直系卑属(子や孫)である

推定相続人又は孫に贈与があった場合です。

この制度は血縁のない赤の他人への譲渡については適用されません。

また、この制度を利用するためには、必ず、贈与があった年の翌年の

2月1日から3月15日までの申告期間に贈与税の確定申告を行う必要があります。

この確定申告を行わないとこの制度は利用することができませんので、注意が必要です。

申告の際、戸籍謄本など贈与者と受贈者の関係を証明する書面等を添えた

相続時精算課税制度選択届を税務署に提出する必要があります。

申告期限までに贈与税の確定申告と選択届を提出しない場合には、

この制度を利用することはできませんので注意が必要です。

相続時精算課税制度は何回でも利用することができます。

但し、一度この制度を利用した場合には、

贈与税の基礎控除(1年間に110万円)は適用されません。

初回の相続時精算課税制度の利用後の贈与については、

連続してこの制度を利用するか、この制度を利用しないで基礎控除の適用をしないで

計算した贈与税を支払うかの選択になります。

 

あなたの土地にどのような建物を建築できてどれくらいの収入を得ることができるのか

無料でシュミレーションをご提案できますのでお電話やメールでお気軽にご相談ください。