ビル経営の経費はどんなものを落とせるの?

ビル経営は、不動産経営の中でもマンションやアパートといった
居住用とは違い、設備も大きな物があったり修繕や交換に
大きなお金がかかりがちです。

よく頂く質問でどんなものが経費に含まれるのか?

というものがりますが、基本的には所有のビルの賃貸収入を
得るためにかかったお金、また、建物の修繕費が経費に含めることができます。

 

今回はビル経営で経費となるものはどんなものがあるのか?

また、それ以外にオーナー様とのやり取りから経験した

気をつけるべき事項をお伝えしていきます。

定期借家契約書面

ビル経営との関連がないものは認められないので注意が必要

ご自宅で使用しているものは、ビル経営、不動産賃貸業とは関係ありませんので

落とせません。電話代などの通信費や水道光熱費、

自家用車のガソリン代などです。

 

あと、一部をビル経営でも使用していたとしても、はっきりと

区分けされていないものやあとで確認できないものは認められません。

 

通信費でも個人で使用した分と、賃貸業の分をはっきりと

分けられないケースは難しいということです。

 

日頃から仕事関係のものはすべて

領収書を保管しておくようにしましょう。

ビルならではの設備が経費で一番大きい

ビル経営では以下のものが代表的な支出になります。

エレベーターの保守点検費用

賃貸管理会社の管理料

ポンプや各種機械類の保守、修理費用

外壁塗装や屋上防水工事費用

共用部分の清掃費用

共用部分の電気代

 

これらは定期的な点検とある程度古くなってきたら

早めに交換することを心がけましょう。

 

設備関係は一部分でも修理が必要なときは

ビル全体に影響が及ぶ場合は多いので気をつけましょう。

 

住宅ではないのでテナントさんの営業活動を

止めてしまうと損害うんぬんの話になるので

そうならないよう避けたいものです。

 

早めの点検で交換せずに修理ですんだということもよくあります。

ある程度の収入以上ならビル管理会社を作ろう

個人でビルの収入を申告するかは収入の金額によります。

 

ある程度のビルからの収入がある方は○○管理会社というような形で

はじめから管理会社を作りそこでの収入として申告するとよいでしょう。

 

そうすれば会社の経費としてすべて落とせますので

はっきりとさせることができます。

 

土地と建物を個人と会社で

別の所有形態にしている場合は、借地権があるかたちになります。

 

その場合は個人でも確定申告が必要ですので

その分手間がかかるかもしれません。

 

ビル経営の経費は大きくかかる分

それによる家賃収入は居住用より大きくなります。

 

特に立地条件が良いビルは、テナントが空いたとしても

短期間で埋めることもできますので、

もし空室のあるビルをお持ちでお悩みがありましたら

お気軽にご連絡ください。

 

不動産管理、ビル経営でお悩みなどありましたら、お気軽にご相談ください。

専門スタッフによる適切なご提案をさせていただきます。

 

墨田区周辺の江東区、台東区、江戸川区なども

取扱エリアですので大丈夫です。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*