ビル経営はたいへん?古ビルのオーナーがもつ悩みとは?

バブルの頃に建てたビルや親から相続して引き継いできた

ビルをお持ちの方、そろそろ古くなってきて維持管理費がかかるので

売却しようか悩んでいたりしませんか?

 

古ビルを持っているといろいろなお悩みがあると思いますが

今回は古ビルオーナーさんからよく聞く悩みと解決方法を

ご紹介します。

古ビルの耐震性が不安で耐震補強の費用を知りたい

ビルが古くなってくると新しいビルに比べて耐震性が劣ってきます。

特に1981年以前の旧耐震の基準で建築されたビルはその前後で大きく

違いが出ています。

 

今後来るとされる巨大地震に耐えられるかと心配されている方は

まずは耐震診断というものがあるので行ってみてはいかがでしょうか?

 

その結果、耐震補強が必要と判断された時には

補強工事を行うかもしくはそれをきっかけとして売却するか

考えてみましょう。

ビルを解体して更地にして売る

ビルの立地にもよりますが、ビルを売却するときに売り主が

あらかじめ解体して更地にして売るという方法があります。

 

そのほうが再建築されたときに高い建物を建てることができる場所なら

土地の評価を高く見て、解体費用をかけても高く売れることがあるからです。

 

木造なら簡単にできますが、ビルの場合は坪単価が上がりますので

見積もりをたててみましょう。

 

ビルの外装はいつ頃やるの?

ビルの維持管理費用で大きいのは、

外壁などの塗装工事ではないでしょうか?

 

足場を組んで行っていきますが、なかなか大掛かりな工事になります。

大体数百万円はかかると思われますので早めに費用を知っておきましょう。

 

何十年も放置している古ビルは危険です。

気がついたら階下へ漏水なんてこともあるので

日常的に注意しながら点検が必要です。

エントランス周りをリフォームするとビルの印象が大きく変わる

これは個人の方はなかなか思いつかないことだと思いますが

業者が古いビルを取得したときは、必ず行う場所です。

 

入居者が一番目につく場所で入口部分に

オートロックを設置したり、エントランスの床や壁をきれいな

材質のものに張り替えたりすることで、印象がガラリと変わります。

 

それだけで家賃のアップや売却価格のアップにもつながることですので

やってみる価値はあります。

 

新しく張り替えれば、目につく部分は新築と変わらないので

築年数が立っていても気にせずに借りる方は多いです。

 

外壁の塗装と組み合わせて数年単位で

計画できると良いかもしれません。

 

このように古いビルでもリフォーム工事を行うことで

収益アップに繋がりますので、売却を考える前に

管理会社に相談してみましょう。

 

賃貸管理でお悩みなどありましたら、お気軽にご相談ください。

専門スタッフによる適切なご提案をさせていただきます。

 

墨田区周辺の江東区、台東区、江戸川区なども

取扱エリアですので大丈夫です。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*