不動産オーナの悩み

不動産を売るときに必要なものとは?

不動産オーナーさんが常に考えていることで

将来的に売りたいけど、どんなことを準備しておいたらいいのか知っておきたい。

できれば高く、スムーズに売りたいので情報集めをしている方に

今回は必要なことをお伝えしていきます。

続きを読む


賃貸管理でビルオーナーの自主管理は大変!?その理由とは?

ビルオーナーさんや賃貸経営を行っている大家さんは

自分の物件の管理を自分で行う自主管理という形をとっている場合がります。

最近では募集まで自分で行うサービスも出てきているようですが

不動産管理は専門業者でも時間と手間がかかる問題も生じ

大家さん自身では解決できないことも多いのが事実です。

では、成功している大家さんはどのようにしているのでしょう。

続きを読む


あなたがお持ちのビルでお悩みありませんか?

居住用と違い、専門性が求められるビル管理は、昔と違い今では

テナントの様々な要望に合う物件に変化できないと、駅前ビルでも空室が続く時代になりました。

ビル管理専門の石井不動産のサービスは、以下のようなお悩みを解決できます。

①今の管理会社の管理費が高くて悩んでいる。

②テナントから苦情が来た時、きちんと対応してもらえずオーナー自ら対応している。

③管理会社が遠方にあるので、毎回来るのに時間がかかって大変。

④大手の管理会社だが、担当者が頻繁に代わり、大事な話が毎回伝わっていない。

⑤集金家賃を自分でやっているが、滞納者が多く、時間が取られて大変。

⑥建物が古いので、漏水のトラブルが多くて困っている。

⑦管理以外の入居者募集、売却や相続についても分かる方に管理をお願いしたい。

など

様々なビルオーナー様のお悩みを、専門スタッフがスムーズに解決いたします!

ビル管理の経験が20年以上で、多くのオーナー様の抱える問題を解決してきました。

エリアも主に城東地域に限定しているため、何かあった場合でも

速やかに駆けつけることが出来できます。

主な管理業務

毎月の家賃の集金、遅れた場合の連絡など

建物設備の不具合があった時の現場確認、業者の手配、テナントとのやりとり

入居者募集、契約締結、更新業務、退去時の立会や精算

→これら全てをビルオーナー様に代わって行います。

このようなビルをお持ちの方はぜひご検討ください。

飲食店がテナントで入っているビル

自分で管理をしている比較的小さなビル

オフィスビルで空室があるビル

遠方の管理会社に依頼しているビル

古くて問題が頻繁に起こるビル

この中で1つでも当てはまる方は、サービスを利用することで

今後改善される可能性が大です!

この際、無料診断サービスだけでも利用してみませんか?

メールまたはお電話で、簡単な情報をお知らせいただければ

専門スタッフがすぐに管理費などサービスについてご提案いたします。

入居者募集の業者は今のままで、毎月の家賃管理や更新業務だけお願いしたい。

といった形態でもご利用いただけるので、大変好評なサービスです。

簡単30秒で入力完了するので、まずは無料診断してみませんか?

店舗が入ったテナントビル、オフィスビル、マンションなど

物件の種類は何でも対応可能です。

 

 


不動産の賃貸経営の経費になるもので意外なものとは?

不動産の賃貸経営は、賃貸料で所得を得ますが、所得が上がれば上がるほど税率も上がり

累進課税のため、支払う税金も増えていきます。

当然、経費等で所得を圧縮し、税金を抑える方法が一番に思い浮かびます。

しかし、不動産経営の場合は、修繕費や維持管理費(管理会社への管理料や電気・水道代)

以外では、経費で落とせる項目は少ないと思われるかもしれません。

そこで、経費で落とすことができた項目はどんなものがあり、その中に意外なものも

ありましたのでご紹介します。

続きを読む


賃貸オーナーさんは知らない空室が埋まらない理由

きれいな室内1

賃貸物件の案内で最近感じることがいくつかあります。

借り手が希望する条件が何か、それを賃貸オーナーとして

柔軟に受け入れ、それに合わせた修繕や家賃の引き下げに

応じることができるかどうかで空室のままかどうか決まる

事が多いと感じています。 続きを読む


ビルオーナー必見!空室解消や賃料アップに一番効果が出た方法とは

賃貸マンションやアパートと違い何かといろいろな問題が起きやすい
事業用のビルをお持ちのオーナーさんから最近よくご相談をいただきます。

その中で2部屋以上空室を抱えている方は、ここを改善しない限り

ずっと空室が減らないことになりかねない重要なことをお話しします。

続きを読む


空室対策に有効な3つの改善策は?

これからさらに深刻になっていく大空室時代。今後続く人口減少で借り手自体が

減少していくことが明白な中で、不動産のオーナーとして安定的に賃貸経営を

行うには、どのようなことを行っていく必要があるのか、一緒に考えてみましょう。

昔は通用していたことでも今は全く効果がなくなっていることも増えてきています。

続きを読む


空室対策に有効な3つの改善策

すでに始まっている大空室時代。人口減少で借り手自体が減少していく中で

不動産のオーナーとして安定的に賃貸経営を行うには、どのようなことを

行っていく必要があるのか、考えてみましょう。昔は通用していたことでも

今は効かなくなっていることも増えてきています。

続きを読む