空室対策

敷金0礼金0で貸すのは危険!?最近の賃貸事情とは?

昔はなかった敷金0礼金0の賃貸条件。

最近は大手仲介業者がさきがけとなって

アパートなどを中心に広がってきた感じがあります。

 

その一方で貸した後、家賃がきちんと支払われなかったり

問題を抱えた入居者だったりといった話はよく聞きます。

今回は、敷金0礼金0についてそのメリットとデメリットを

お伝えしていこうと思います。

敷金がなくて大丈夫なの?

敷金がないということは、大家さんからすると

原状回復費用の請求時に、大家さん負担が出る可能性が出てくるともいえます。

 

最低限のルームクリーニング費用は預かっていないと

精算することができないので、保証人さんに請求するかたちになります。

保証人さんも納得していただければ回収できますがそうでない場合は

次の募集に時間がかからないように大家さんで負担するもあります。

 

やはり敷金は最低限預かっておきたいところです。

初期費用が全く用意できない入居者は要注意

マンションやアパートなどは経験上、契約前の時点で

初期費用が用意できない方はその後の契約中に家賃の支払い期限が

守られない方がとても多い傾向にあります。

 

管理会社の方はわかると思いますが、

いわゆる今住んでいるところの家賃が払えなくなって

やむなく退出するようなケースは次のところを借りる場合に

足りない場合が多いです。

 

初期費用を交渉された場合は管理会社に

内容をよく相談して断ることも考えてみる必要があります。

 

よくある初期費用は

敷金1ヶ月、礼金1ヶ月、前家賃1ヶ月、仲介手数料1ヶ月、

火災保険料数万円なので、安定した賃貸経営にはこの程度の条件は

最低限おさえたいところです。

敷金2ヶ月分あずかっても足りないことも

20年以上前は普通に敷金は2ヶ月程度あずかり

解約時に原状回復費用の殆どをまかなえる状態でした。

 

しかしここ近年で敷金と礼金の相場が下がり

敷金は基本返却するものという考えが広まったこともあり

限りなくゼロになりつつあります。

 

そのため、連帯保証人さんは必ず用意できる方に貸すことを

おすすめします。そうでないと請求先がないために

解約時に借り主がお金がありませんと主張された場合に

回収できなくなるからです。

 

その他にもリスクを回避する方法がありますので

お気軽にご相談ください。

 

賃貸管理でお悩みなどありましたら、お気軽にご相談ください。

専門スタッフによる適切なご提案をさせていただきます。

 

墨田区周辺の江東区、台東区、江戸川区なども

取扱エリアですので大丈夫です。


一棟アパートはもうかる?おすすめの理由とは

これから投資を考えている方も今すでに不動産投資を

開始している方にも知っていおたほうが良い一棟アパートについて

お伝えしていきます。

 

賃貸マンションと比べてアパートの投資は

どんなメリットやデメリットが有るのでしょう。

一棟アパートは新築より中古がおすすめ

これから不動産投資を始める方は、取得するなら

新築よりも中古をおすすめします。

 

新築でも利回りが高い物件なら話は別ですが

アパートは木造なので中古のほうが安く手に入りやすく

投資金額を抑えることができます。

 

特に初心者は古めの物件を取得して

リフォームなどどんなことにどの程度かかるのか

知るには良い経験になるかもしれません。

 

デメリットは、やはり木造なので耐用年数が短いことです。

 

30年以上持たせることはもちろん可能ですが

建物全体のかかる維持管理費用が収入を上回る可能性もあるので

早めに見積もりをとって検討してみるなど

保有するか売却するか考えておく必要があるかもしれません。

 

例えば墨田区ですとアパートでもそこそこの家賃が得られますので

マンションではなくアパートでもうまく保有していけば

長期での投資もありだと思います。

 

アパートの場合は、賃貸マンションが借りられない方が

希望するケースが多いので、入居者を決める際に賃貸管理会社と

よくやりとりをして審査をする必要があります。

 

一棟での部屋数が6部屋程度のアパートは1部屋あたりの

家賃の割合が大きいため、空室になった場合や

家賃の滞納事故が起きた場合の損失がマンションに比べ大きくなります。

 

地方で駅から遠い物件は、周辺の物件と比較して同じような家賃が取れているか

また、ご自分のアパートの家賃が減少傾向になっていないか長期目線で

考えていきましょう。

 

一棟アパートで建て替えるか売却するか

古くなってきたアパートは建て替えも考えていかなければいけません。

 

昔から受け継いできた土地だからと所有することにこだわっていると

収益を生み出さない建物を所有し続けることにもなりかねません。

 

それなら売却したらいくらになるか?と気になるところですが

一棟のアパートで収益物件として探している投資家も常にいるので

まずは、どの程度の価格で売れそうなのかは、業者に査定してもらうのも

大事なことです。

 

建て替えしたほうが良いかどうかの目安として

容積率が高くて高い建物が建てられる地域でしたら

建て替えをおすすめします。

 

アパートのように2階建ての建物しかたたない地域と違い

土地の価値があるので、業者の評価が全く違ってきます。

 

例えば賃貸マンションで7階は建てられるとわかった場合などは

大きく変わることも見込まれます。

お気軽に弊社まで査定依頼をしてみてください。

 

建て替えた場合と売却した場合、また、更地にして駐車場にした場合など

考えられる可能性をご提案できます。

 

賃貸管理で設備に関するお悩みなどありましたら、お気軽にご相談ください。

専門スタッフによる適切なご提案をさせていただきます。

 

墨田区周辺の江東区、台東区、江戸川区なども

取扱エリアですので大丈夫です。

 

 


賃貸オーナーさんは知らない空室が埋まらない理由

きれいな室内1

賃貸物件の案内で最近感じることがいくつかあります。

借り手が希望する条件が何か、それを賃貸オーナーとして

柔軟に受け入れ、それに合わせた修繕や家賃の引き下げに

応じることができるかどうかで空室のままかどうか決まる

事が多いと感じています。 続きを読む


ビルオーナー必見!空室解消や賃料アップに一番効果が出た方法とは

賃貸マンションやアパートと違い何かといろいろな問題が起きやすい
事業用のビルをお持ちのオーナーさんから最近よくご相談をいただきます。

その中で2部屋以上空室を抱えている方は、ここを改善しない限り

ずっと空室が減らないことになりかねない重要なことをお話しします。

続きを読む


空室対策に有効な3つの改善策は?

これからさらに深刻になっていく大空室時代。今後続く人口減少で借り手自体が

減少していくことが明白な中で、不動産のオーナーとして安定的に賃貸経営を

行うには、どのようなことを行っていく必要があるのか、一緒に考えてみましょう。

昔は通用していたことでも今は全く効果がなくなっていることも増えてきています。

続きを読む