固定資産税

不動産経営をしているとどんな税金がかかるの?

不動産経営をする上で避けては通れない
税金対策は非常に重要です。

ある意味、これができないと
不動産経営をしても意味がありません。

不動産投資をすることで賢く節税ができるのです。
所得税や相続税も安くすることが可能です。

では不動産経営を始めるに当たる
どうやって所得税対策ができるのでしょうか。

不動産活用を通して
賢く節税対策をどう行うのかご紹介していきます。

不動産にかかる税金とは

不動産収入には当然として
所得税・住民税・固定資産税がかかります。

所得税は総合課税と分離課税に大きく分かれます。
総合課税は区分ごとの税金を合算し、
分離課税は個別に申告することになります。

不動産所得は、次の計算式で出します。
収入金額-必要経費=不動産所得

収入金額とは、家賃収入・礼金収入・更新料
が含まれます。
必要経費は、固定資産税・損害保険料・修繕費・
減価償却費などです。

つまり、不動産所得とはこれらの必要経費を正しく
きちんと積み上げて行くことが節税対策になるわけです。

不動産と相続税のかんけいは?

不動産投資で相続税も節税が可能になります。
相続税は相続した財産を一つ一つ評価して
合算することで算出をします。

株式などの有価証券は市場価格などで評価します。
不動産価値は路線価が公表されますから
それに基づいて算出します。

路線価では実売価格の80%程度になっても、
都心部の時価が高い地域では、
市場の半値以下となることだってあります。
これが相続税対策に有効に働くのです。

不動産投資の税金の注意点

不動産投資の目的は節税をしていかに
リターンを大きくするかです。
そのためには経費をどう積み上げるかが
ポイントになります。

中でも減価償却費は実際の持ち出しが
発生しないので、金額が大きければ
それだけメリットもあるのです。

しかし、それ以外の経費が大きすぎると
収益部分が減ってしまい、
手元に残るお金が少なくなってしまいます。

経費の内訳をよく見直しすることが
非常に大切になってくるのです。

また、思わぬ天災の発生や入居率が低下して
収入が減って、修繕が必要になることもあります。
そにためには現金をプールしておく必要もあります。

不動産経営と税金のまとめ

不動産収入には様々な税金がかかることが
お分かりでしょうか。
税金対策がしっかりできているオーナーさんは
手取り収入も大きくなります。

税金は取り扱いが難しい面があります。
会計士など専門知識を持った方に相談しながら
進めて行くことが大切です。

賢い不動産経営には、賢い税金対策を

お忘れないようにしましょう。

 

不動産管理、ビル経営でお悩みなどありましたら、お気軽にご相談ください。

専門スタッフによる適切なご提案をさせていただきます。

 

墨田区周辺の江東区、台東区、江戸川区なども

取扱エリアですので大丈夫です。

 

 


固定資産税が変わることがあるって本当?

固定資産税1

賃貸オーナーさんはご存じだとは思いますが、不動産保有中にかかる税金としては、地方自治体が

定める固定資産税があります。これは土地及び建物かかる税金で、毎年1月1日に保有している人

にかかる税金になります。土地や建物の税金なんて毎年固定されているし、土地が大きくなる

わけでものないのに節税できるの?と思われるかもしれませんが、実は

続きを読む