ビルや賃貸マンション、アパートなどを所有する大家さんに

とって心強い賃貸管理会社と取り組めていますか?

 

不動産投資では、ビルを取得して終了ではなく

そこから入居者の募集や入退去時の原状回復工事など

さまざまな対応が必須です。

大家さんと常に息の合ったつきあいができているか

大家さんが賃貸管理会社を決めたら、できるだけ管理会社に任せるようにしましょう。

 

修繕費用など工事にかかる金額は、数十万円または数百万円以上にも

なる場合があるため、大家さんによっては管理会社の意見と違って

なるべく行わないような姿勢の方もいらっしゃいます。

 

しかし、管理会社は入居者に契約時に修繕はきちんとするという旨を

説明しているために、対応に食い違いが生じてしまいます。

 

このような状況は避けるべきです。

入居者が物件に対して不満を持ってしまい

大体のケースはそれを理由に退出するということにつながってきます。

 

それは大家さんにとって収入減少に直結することなので

避けなければいけません。

 

賃貸経営では管理会社は大家さんの味方なので

できるだけ揃った歩調で進んでいきたいものです。

 

管理会社は大家さんの代理人

賃貸借契約を締結する時は、大家さんは通常立ち会いませんので

管理会社で契約の説明などを行います。

 

その際、大家さんが責任を持つ部分と

入居者が責任を持つ部分の説明も行われるので

管理会社はいわば大家さんの代理人のような立場になります。

 

あくまでも中立な立場であるので

管理会社の信頼を損なわないようきちんと話し合いをしましょう。

 

排水管が詰まっても直さなかった大家さん

以前、店舗で貸していた物件で、床下に古い排水管が通っていて

水道屋さんで調査を行ったところ、老朽化できちんと流れていないから

交換が必要と判断されてところがありました。

 

大家さんにその結果を伝えたところ、直ぐに配管の交換は行わないとの

お返事でした。つまりそのまま放置するということだったのです。

 

管理会社としても心配していましたが、ある日突然、詰まりあふれました。

あいにく休業日だったために水道業者も手配できずに

テナントさんに迷惑をかけてしまったのです。

 

その後はテナントの営業を休んでもらって

大規模な排水管の交換工事が行われ

大家さんは休業補償まで支払うことになったのです。

先延ばししたことが後で大きな問題に

このように管理会社の提案を受け入れずに

緊急の問題だったにもかかわらず放置したために

後で大きな問題に発展したケースは

数は非常に少ないですがあります。

 

賃貸で家賃を頂いているということは

それなりに責任も伴う行為なので、よく注意しながら

管理会社と話し合いをしましょう。

 

ご自分のビルで思い当たることがありましたら

早めに対処することをおすすめします。

 

賃貸管理で設備に関するお悩みなどありましたら、お気軽にご相談ください。

専門スタッフによる適切なご提案をさせていただきます。

 

墨田区周辺の江東区、台東区、江戸川区なども

取扱エリアですので大丈夫です。