ビルを所有していて一棟売りをする場合

どのようにして売ったらよいか?

また、早く売るにはどのようにしたらよいか

おすすめの方法をお知らせします。

 

ビルを一棟で売るには様々な理由があるかと

思いますが、現在の状態によって売り方に違いが出ることもありますので

注意が必要です。

 

一棟売りビルの所有形態の違い

まずは、ビルが立っている土地も所有権であるかそれとも借地権で地主から

借りている形かどうかの違いです。

 

所有権であれば一緒に売却するのが通常だと思われますが

借地権の土地の場合は、地主さんに売却の許可を得てから

売り出さないと、話が進んでからストップしてしまうこともあります。

 

事前に許可が得られないような場合は、訴訟を起こしてそのかわりになるものを

得てから売却となるので、時間がかかることを念頭に置かなければいけません。

 

また、建物は個人で持っていて、土地はご自分の管理会社が所有している

場合もあるでしょう。

 

その場合は、建物部分の税金なども絡んでくるので

事前に税理士さんに相談をしてから売却価格を決めていくこともあります。

 

一棟ビルを急いで売る場合

建物や土地に抵当権が設定され、金融機関への返済が

厳しくなって売却する場合は、注意が必要です。

 

時間が限られている場合が多いので、一棟ビルを売るには買い取り業者に売る

のが一番早く、瑕疵担保責任を免除して売買することもできます。

 

もしろん、その場合は安く売る形になりますので

金融機関に相談しながら任意売却という形でビルを売却します。

 

できれば賃貸管理会社とテナントにはわからないような形で

売却先を探していくのが望ましいです。

 

テナントさんに知られるとビル名が変更になったり

することに抵抗を示す方もいるので、売却がスムーズに行くよう

打ち合わせが必要になります。

 

一棟ビルの売却査定は早めにしておく

買取業者に売却するにしても、将来売却することが

少しでも予想できた時点で、できるだけ早めに一棟ビルの売却価格の査定

は行っておいたほうが望ましいです。

 

いざ売るときになって業者に依頼しても

業者もいろいろと調査しないと一棟ビルの場合は

簡単に価格が出せないことがあります。

 

そのために買い手が現れても逃してしまうこともあるからです。

 

いずれにしろ売却査定を行い、売り主としてどのようなことをしておくべきか

または、費用はどのくらいかかるのかを知っておくのがポイントです。

 

弊社では賃貸管理も売却査定も両方わかる専門スタッフがおりますので

正確な売却査定も可能です。

 

売却したらよいかどうかなどは相談してみてから決めるのが

おすすめです。

 

賃貸管理も売却についてもお悩みなどありましたら、お気軽にご相談ください。

専門スタッフによる適切なご提案をさせていただきます。

 

墨田区周辺の江東区、台東区、江戸川区なども

取扱エリアですので大丈夫です。