賃貸管理において見逃してはいけない4つのポイント

長期にわたる不動産賃貸経営において一番重要な事でもあるのは、しっかりとした賃貸管理を行う

ということ。私もいろいろな建物を見てきましたが、建物がまだ新しくても、オーナーがあまり建物に

関心を持たずに賃貸管理をおろそかにしている物件がとても多いと感じています。

建築後はいかに収入を最大限増やすかがとても重要ではあるのですが、そのために必要な事が

賃貸管理業者がきちんと機能しているかです。

賃貸管理はプロが行う仕事で様々な問題解決が必要

不動産オーナーさんの所有する物件数にもよりますが、所有するビルやアパート、マンション等の

不動産管理を業者に任せずに自分で行うことはリスクがあります。

理由はどうしてもお金がかかることをさけたり、法律上必要なことを行っていなかったりすることが

あるためです。ここでは全ては書けませんが、やはり手数料を支払い専門の賃貸管理業者に

任せるメリットは大きいです。快適、安全に入居者に利用して頂くため何が必要かアドバイスを

受けましょう。

賃貸管理の質によって収益が大きく変わる

賃貸管理を行う上でオーナーが見るべき視点は2つあり、1つは建物自体の修繕をきちんと行うことで

賃貸不動産としての寿命をできるだけのばすことです。エレベーターなども長く使っていけば

リフォームが必要になったり賃貸経営上必要な部分になります。

2つめは意外とオーナーさんには知られていないことで、他の物件では行われている賃貸管理の

質よりも低いとそれが理由で他の物件に移っている入居者が多いということ。

賃貸管理会社が入っていないとその辺の情報は入りませんから、どこが原因で出られてしまっている

のか分からないことは、将来の家賃収入の計画の見直しにつながりかねない重要な視点です。

賃貸管理会社に物件を厳しい視点で見てもらう

これからの大空室時代に生き残っていくには、アパート経営にしてもマンション経営にしても

プロの賃貸経営サポートが必須となってきます。我々賃貸管理業を専門に行っていても

変わりゆくニーズを常に把握していかないと数年前までこの条件で決まっていたから今度も

同じ条件で、などと思っているとなかなか空室が決まらなかったりすることもあります。

賃貸管理会社には常に先を見据えて改善点を指摘してもらうようにしましょう。

賃貸管理と空室対策がうまくリンクしているか

今までの話とつながるのですが、入居者が求めるニーズと賃貸管理上の修繕工事が

うまくかみ合っていないと、せっかくお金をかけてきれいにリフォームしたつもりでも

周辺の物件と比較したときに、グレードが劣るようではやはり家賃交渉をされたり

稼働率が落ちたりといったことにつながってきます。そこに気づかずにいると

子供や孫の世代に引き継いだときにリフォームのやり直しなど大きな費用が

かかってしまいます。その辺りは賃貸管理会社と良く打ち合わせをしてみる

べきこととなります。

賃貸管理会社が行っているサービスとは

以上のように賃貸経営に置ける重要な部分を占める賃貸管理。

サービスとしては賃貸管理代行サービス、賃貸管理のご提案や空室管理サービス

なども人気です。賃貸管理手数料がかかりますが、その後の収益改善につながる

ことを考えるとまだの方は必要なことかも知れません。

簡単60秒であなたの不動産の売却価格が分かる一括査定サイト↓


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*