賃貸管理会社だから高く売れたビル

以前弊社で長年、管理を担当させていただいてたビルオーナーさんから

年齢的なことを理由に売却したいとの申し出がありました。

 

その時のやり取りや、他社の買取業者の動きなども

お伝えしていこうと思います。

大手の仲介業者の査定額は・・・

そのオーナーさんは弊社以外にも大手の仲介専門業者へ

相談したところ、査定金額が出たようでした。

 

しかし、それは収益物件にもかかわらず正確な家賃の情報が

なかったために、非常に曖昧な査定だったようです。

 

そこで、弊社では、管理会社として家賃収入から収益還元法で売却価格を割り出して

できるだけ高い価格で売ったとも瑕疵担保責任が来ない条件で

ご提案しました。

 

やはり長年の賃貸管理でのお付き合いがあったために

情報をもとにした正確な売却査定に納得していただき

弊社で見つけたお客様で売ることができました。

大手だから高く売れるとは限らない

その時のオーナーさんがはっきりとおっしゃっていたのが

大手だから高く売れるとは限らないねということです。

 

広く広告費を使って売却活動しても、それが必ずしも

高く売れることにはつながらないからです。

 

その地域のことをよく知っていて、ビルの欠点も理解した上で

ないと結局は売却にはいたりません。

 

ですので、今回のような瑕疵担保責任を負わないという

特約もつけた上で売主さんの意向にあった売却ができるのは

実は賃貸管理会社なのです。

 

物件のことを誰よりも詳しく知っていて

特に設備などの欠点については説明義務があるので

売却活動中に買主にきちんと説明をすることができるのは

管理会社以外は難しいとも言えます。

利回り計算には正確な家賃計算から

そのときにやり取りしていたことは、大家さんは大手仲介業者に

家賃などの情報を知らせていなかったことです。

 

日頃付き合いがあった業者ではなかったので、

室内も見せることも許可せずに、

売却か価格の査定をさせていました。

 

結果は正確な価格は出せずにアバウトな価格で

オーナーさんの納得のいく数字ではありませんでした。

 

収益物件の売却時には家賃に関しては実際に借り手がついていた家賃で

計算していかないと、買い手はその数字を信用できずに

売却価格の妥当性が失われてしまいます。

 

築年数が経過してきてる物件だと、利回りは8から10%程度は求められますので

それの根拠である家賃の部分をきちんと示さないといけません。

 

室内の内装部分もそのまま貸して使えそうかどうか

も専門家の目で見ていかないとあとあと売買契約後に

トラブルになりかねませんので注意が必要です。

 

賃貸管理でお悩みなどありましたら、お気軽にご相談ください。

専門スタッフによる適切なご提案をさせていただきます。

 

墨田区周辺の江東区、台東区、江戸川区なども

取扱エリアですので大丈夫です。

 

 

 

 

 


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*