不動産管理のお悩みその1 グリストラップを清掃しないテナント

不動産管理を行っていてよく聞くお悩みや問題を

これから数回にわたってお伝えしていこうと思います。

 

特に今回は、雑居ビルで飲食店舗が営業している場合の

問題点をご紹介していきます。

 

これは実際に弊社で経験していることですので

他のビルオーナーさんでもご経験があることかもしれません。

そのため、少しでも参考になれば幸いです。

飲食店舗は必ずグリストラップを

飲食店舗に貸す場合は、グリストラップを設置して

必ず毎日清掃を行うことをルールとして決めたほうが良いです。

 

なぜなら、清掃をしないで使用し続けると

排水管内が油で汚れることはもちろん

異臭の原因になることや、害虫の発生にもつながり

他のテナントさんへの悪影響が出ることがります。

 

特に上の階に住居や事務所などが入居している場合は特に注意です。

ゴキブリが出るので退去します!と言われてしまったビルも経験しています。

 

できればビル側で定期的に害虫駆除の業者で

駆除の作業を行うこともよいかもしれません。

 

ですので、飲食店舗は必ずグリストラップの設置と清掃を

ビルオーナーさん、大家さんは義務化しましょう。

 

地下の床下に水槽がある場合は要注意

グリストラップをきちんと清掃していないと

地下に入居しているテナントの汚れた排水で

水槽内の状況が悪化します。

 

水槽内の壁やポンプ周りにべっとりとついた油は

専門業者の高圧洗浄でないと取り除くことは難しいです。

 

あとは、蚊やコバエの大発生が起こります。

これは必ずボウフラが生まれるので、数千以上の数が増えてしまうので

ビル側で年に2回は清掃を行うと良いでしょう。

 

そして抜き打ちでグリストラップの中を

確認させてもらうことも良いかもしれません。

ラーメン店、中華料理店などは頻繁に清掃が必要

後よくあったのが、廊下や階段部分などを厨房で履いていた

靴のまま歩いてしまい、その結果、油汚れで他の階まで汚れてしまうといった

事はよく聞きます。

 

清掃を怠ると水槽内の設備の故障にもつながることをきちんと説明して

ビル管理会社とよく話し合ってきれいに使ってもらいましょう。

飲食店舗では必要な作業と認識してもらうことです。

 

清潔な環境を保つことは収益アップに必ず繋がります。

できれば書面で約束してもらうことがベストです。

 

不動産管理、ビル経営でお悩みなどありましたら、お気軽にご相談ください。

専門スタッフによる適切なご提案をさせていただきます。

 

墨田区周辺の江東区、台東区、江戸川区なども

取扱エリアですので大丈夫です。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*