不動産管理のお悩みその2 地下から水が湧き出てくる!?

地下室があるビルは、場所によっては湧水槽があるところもあります。

 

弊社の管理物件でもいくつかあり、

墨田区や江東区などの水位が高い場所では

地下に湧水を組み上げるポンポなどがないとあふれてしまいます。

 

このように重要な役目を果たしている湧水槽ですが

定期的なメンテナンスはしっかりやっていますか?

 

不動産管理における水槽についてお伝えしていきたいと思います。

湧水槽は定期的な清掃が必要です

水槽には建物の外部から常に水圧がかかっている

状態で底には穴が空いていて一定量の水が

水槽内に入ってくる構造になっています。

 

そのため、きれいな水ではないので、ボウフラが発生するので

定期的な高圧洗浄を専門業者で行いましょう。

 

その際に水中ポンプの作動状況や異物の混入の有無なども

確認が必要です。

 

テナントさんの不注意で雑俳から

紛れ込んでいたケースも有りました。

 

水位が高い地域は恐らく多くの場合

設置されていると思いますが

年に2-3回は必ず点検だけでもしておきましょう。

 

どこに頼んでよいかわからない場合はご相談ください。

専門業者のご紹介も可能です。

放置しておくと深刻な問題にも・・・

定期点検などをせずに1年以上放置していると

危険な問題が起きる可能性もあります。

 

ある程度水位が高くなるとポンプが作動して

水を汲み上げる仕組みになっていると思いますが

何らかの原因でそのセンサーがうまく作動せずにポンプの組み上げが

起こらない場合がまれにあります。

 

その場合は最悪地下室の床上に

水があふれ出す可能性があるということです。

 

そうなってしまった場合は、テナントさんの造作が水濡れで

台無しになってしまうこともあるので

自体は深刻になってしまいます。

 

ポンプから地上へ組み上げるための排水管も

太さが細い場合は要注意です。

 

躯体部分を貫いて建てられている場合が多く

簡単に太い排水管に交換ができない場合が多いからです。

不動産管理では早めの点検が大事

 

ビルオーナーさんの責任は大きいので

日頃から業者に依頼して点検していきましょう。

 

不動産管理でビルの設備はいろいろとあります。

メンテナンスに費用がかかります。

 

安定した家賃収入のためにも

積極的に取り組んでいきましょう。

 

ビルの湧水槽やその他の設備に関してお悩みはありませんか?

 

不動産管理、ビル経営でお悩みなどありましたら、お気軽にご相談ください。

専門スタッフによる適切なご提案をさせていただきます。

 

墨田区周辺の江東区、台東区、江戸川区なども

取扱エリアですので大丈夫です。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*