外壁の亀裂は放置厳禁!建物外部からの浸水は深刻な問題

建物問題

当社で管理している賃貸物件の中でも築年数が30年以上経過

している物件では、外壁にクラックが入ったり、犬走りの部分が

亀裂が入ったりしてそこから浸水し、地下の室内へ雨水が入り込む

といった問題が複数起きています。

スポンサードリンク




すぐに対策を考えて対処していますがなかなか専門業者も悩ませる問題です。

建物外部の浸水している部分の特定が難しい

専門業者と立ち会い、どこから浸水してきているかを

まず確認するのですが、外壁の亀裂部分か、犬走りの

部分か分からなかったため、バケツで部分的に区切りながら

水を流してみた。するとガラリで大きく空いた穴を

ふさいだ部分が怪しい、ということになってその周辺の亀裂を

全てふさいでみて様子を見てみました。

浸水して被害を受けている部分をふさいでも直りません

水は高いところから低いところへ流れていくため、実際に

今回水が漏れてきている地下の壁面部分を注入してふさいだとしても

他の弱いところから水が出てくるので、効果は無いと判断しました。

これからは浸水の可能性の高いところから順にふさいで水を流す

を繰り返す作業を行うしかないようです。

目に見えるかどうか分からないような小さな穴から入り込んでいるかも

1m程度離れてみて分かる大きさの穴はふさいでも、それより小さな穴から

入り込んでいる可能性も十分にあります。賃貸管理を行っている上で

深刻な問題の一つである外部から建物への浸水は、亀裂が大きくならないうちに

適切な工事が必要となります。今回については部分的に注入剤を打ち込んで

その上から全面モルタルで塗装する対処が必要でした。

やはり建物はある程度古くなってきたら業者による診断は必要です。

クラックも放置すればするほど雨水が入り込み広がっていきます。

テナントさんの工事に影響が出てしまい申し訳なかったのですが

できるだけ早く対処できたのは良かったと思います。

オーナー様向け画像リンク

 


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*