今年の隅田川花火大会は日程に注意が必要

隅田川花火大会

今年2016年も皆さん待ちに待った第39回隅田川花火大会が近づいてきました。

毎年多くの方がここ隅田川沿いに集まって花火を楽しんでいますね。

今年は7月31土に開催されますが、天気が崩れた場合、例年と

違った対応になるので注意が必要になりそうです。


スポンサードリンク



毎年95万人も観客が集まる一大イベントが隅田川花火大会です

毎年7月最終の土曜日の午後7時頃から8時30分まで花火大会が隅田川で行われ

打ち上げ玉の数が第一会場で9,500発、第二会場で10,600発合計で20,000発以上も打ち上がります。

読売新聞東京本社、テレビ東京、三井不動産、アサヒグループホールディングス等多くの企業から

協賛があります。

見所は花火コンクールで第一会場で実施されます。

台東リバーサイドスポーツセンター野球場では、6,000円から30,000円もするビニールシート席

が用意されています。

隅田川花火大会の打ち上げ業者は、第一会場の桜橋下流 から言問橋上流では

(株)丸玉屋小勝煙火店で、駒形橋下流から厩橋上流では

(株)ホソヤエンタープライズが行う予定です。

隅田川花火大会の開催は今年は順延がなく天気が崩れた場合は中止になります

公式ホームページにも記載があるように、例年ですと翌日の日曜日に

延期されるので、ほとんど問題なく開催されてきましたが、今年は都知事選が

あるために、多くの方が集まることでの影響を考えて日曜日には行わず

延期にするとの判断を下したようです。なお、雨天の場合で実施が確定できない

天候の場合は当日の午前10時に、荒天の場合は当日の午前8時にそれぞれ

実施の可否を決定するようですので、一応当日の午前中には

はっきりする形になります。

隅田川花火大会の第一会場

「桜橋」と「言問橋」の間にある打ち上げ場所のひとつは第一会場です。

「駒形橋」と「厩橋」の間にある打ち上げ場所が第二会場となります。

現場には早めに到着をして場所を確保し、帰りは早めに帰るようにしないと

人が多いのでとても歩きにくく、電車もスムーズに乗れませんので注意しましょう。

下記の地図の赤線で囲った中は、車は入れなくなりますので、車で

行っても近くで見るにはそれなりに歩いていく必要があります。

隅田川花火大会交通規制地図

(隅田川花火大会公式サイトより)

穴場スポットと呼ばれる場所はたくさんあります

以前は高い建物も少なく、どこでも見ることができましたが

最近は高層マンションなどができて、視界が遮られるような場所が

ふえたため、前が抜けた穴場スポットが注目されるようになりました。

花火がよく見える穴場スポットでは、まずは障害物が少ない場所で

国道6号線の水戸街道で向島5丁目付近、銅像堀公園、南千住8丁目付近の

汐入公園内の土手、コモディイイダ東向島店の屋上、タワーホール船堀

東京スカイツリー展望デッキ、浅草寺あたりでしょうか。

過去には両国第一ホテルで見たときはゆっくり見れましたね。

2時間程度で終わってしまいますので時間をずらしたり、場所を決めて早めに動いたり

工夫が必要ですね。あと、車両規制など広範囲にありますので、公式サイトで

確認されてから行かれるのがよいかも知れません。

よろしけばSNSボタンも押してください。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*