部屋を貸すときよくきくこと

賃貸マンションや賃貸アパートなどで、部屋を貸すのに大家さんがやるべき事は

いる程度決まっています。

 

通常ですと賃貸管理会社に丸投げでほとんどやってもらう方が多いと思います。

 

しかし、大家さんとして最低限知っておくべきこともありますのでその一部をご紹介します。

 

部屋を貸すまえにやるべきこと

部屋を貸す前に大家さんがやっておくべきことは、リフォーム工事ですよね。

 

ご自宅のように自分が我慢すれば、古くなった壁や床もそのまま使うこともできますが

賃貸で部屋を貸すとなると、周りの物件はきちんと新しく交換されているので

借りる方は当然張替えしてもらえるものと思って内見します。

 

そのときに古いままだと、この物件には住みたくないと一瞬で判断されて

その後、営業マンがいろいろ説明しても見向きもされません。

 

昔のように貸してもらうという感覚が今の若い方にはないので

自分が納得行かない部分があると迷わず他の部屋を探すという選択をします。

 

賃貸管理会社とよく打ち合わせをして、他になにか修繕する部分はないか出し尽くすくらいに

チェックしましょう。

 

部屋を貸すのはビジネスです

部屋を貸して家賃をいただくのは、立派な商売です。

 

最近では条例も整備されていますので、大家さんには少し不利な条件も出ていますが

一度交換すれば、基本的には長い期間使える設備なので、その間に数百万円の収益を生み出す

非常に安定した商売なのです。

 

家賃が入らなくなったらと不安な方は、連帯保証人をつけて契約するようにすれば

回収することができます。

 

最近では直接大家さんと入居者がやり取りして

仲介手数料をもらわないシステムで行っているサービスも有るようですが

やはり大家さん自身は、部屋を貸す業務についてはプロではないので

トラブルも多いようです。

 

契約などの業務もあるので最初から賃貸管理業者に任せましょう。

 

部屋を貸す条件はつねにしらべる

大家さんにとって気がかりなのは、ご自分の部屋が相場と比べてどの程度優れているのか?

また、将来に渡って空室にならずに借り手がつくのか知りたいと思います。

 

ご自分の物件でいつ頃どんなことにどれだけお金がかかるか?

 

家賃収入は将来増えていくのだろうかといったことは、正確には業者でないと

わからないことが多いです。

 

特に最近では新築から数年経過後の家賃の下がり方が大きくなっているように思います。

 

シングルタイプはどのエリアでも供給過剰で、近所で同じようなマンションが建設されると

いくらでも選択肢は増えるので借りては迷わず交渉してきます。

 

特に若い女性は新築の物件しか住みたくないとおっしゃる方も結構います。

 

部屋を貸す、賃貸経営の知識は最低限つけておく必要があるかもしれません。

 

賃貸管理で設備に関するお悩みなどありましたら、お気軽にご相談ください。

専門スタッフによる適切なご提案をさせていただきます。

 

墨田区周辺の江東区、台東区、江戸川区なども

取扱エリアですので大丈夫です。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*