一棟アパートはもうかる?おすすめの理由とは

これから投資を考えている方も今すでに不動産投資を

開始している方にも知っていおたほうが良い一棟アパートについて

お伝えしていきます。

 

賃貸マンションと比べてアパートの投資は

どんなメリットやデメリットが有るのでしょう。

一棟アパートは新築より中古がおすすめ

これから不動産投資を始める方は、取得するなら

新築よりも中古をおすすめします。

 

新築でも利回りが高い物件なら話は別ですが

アパートは木造なので中古のほうが安く手に入りやすく

投資金額を抑えることができます。

 

特に初心者は古めの物件を取得して

リフォームなどどんなことにどの程度かかるのか

知るには良い経験になるかもしれません。

 

デメリットは、やはり木造なので耐用年数が短いことです。

 

30年以上持たせることはもちろん可能ですが

建物全体のかかる維持管理費用が収入を上回る可能性もあるので

早めに見積もりをとって検討してみるなど

保有するか売却するか考えておく必要があるかもしれません。

 

例えば墨田区ですとアパートでもそこそこの家賃が得られますので

マンションではなくアパートでもうまく保有していけば

長期での投資もありだと思います。

 

アパートの場合は、賃貸マンションが借りられない方が

希望するケースが多いので、入居者を決める際に賃貸管理会社と

よくやりとりをして審査をする必要があります。

 

一棟での部屋数が6部屋程度のアパートは1部屋あたりの

家賃の割合が大きいため、空室になった場合や

家賃の滞納事故が起きた場合の損失がマンションに比べ大きくなります。

 

地方で駅から遠い物件は、周辺の物件と比較して同じような家賃が取れているか

また、ご自分のアパートの家賃が減少傾向になっていないか長期目線で

考えていきましょう。

 

一棟アパートで建て替えるか売却するか

古くなってきたアパートは建て替えも考えていかなければいけません。

 

昔から受け継いできた土地だからと所有することにこだわっていると

収益を生み出さない建物を所有し続けることにもなりかねません。

 

それなら売却したらいくらになるか?と気になるところですが

一棟のアパートで収益物件として探している投資家も常にいるので

まずは、どの程度の価格で売れそうなのかは、業者に査定してもらうのも

大事なことです。

 

建て替えしたほうが良いかどうかの目安として

容積率が高くて高い建物が建てられる地域でしたら

建て替えをおすすめします。

 

アパートのように2階建ての建物しかたたない地域と違い

土地の価値があるので、業者の評価が全く違ってきます。

 

例えば賃貸マンションで7階は建てられるとわかった場合などは

大きく変わることも見込まれます。

お気軽に弊社まで査定依頼をしてみてください。

 

建て替えた場合と売却した場合、また、更地にして駐車場にした場合など

考えられる可能性をご提案できます。

 

賃貸管理で設備に関するお悩みなどありましたら、お気軽にご相談ください。

専門スタッフによる適切なご提案をさせていただきます。

 

墨田区周辺の江東区、台東区、江戸川区なども

取扱エリアですので大丈夫です。

 

 


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*