一棟マンションの売却はむずかしい?おすすめの売り方は?

長年所有してきた、一棟マンションを将来はひきつぐ人もいないので

売却したいとお考えの方にどのような方法があるのか

ご紹介していきたいと思います。

 

早く売りたい、高く売りたい、リフォームはどこまで必要?など

事前に知っておかないといけないこともありますので

最後まで見てください。

一棟マンションはそのまま売るのかリフォームするのか?

一棟マンションを売却する場合は、まだ数年の築年の物件ならそのまま売れることもあります。

ただし、20年以上経過している物件などは注意が必要です。

 

建物の躯体部分は、売り主は瑕疵担保責任を負わないといけないことになっています。

そのために、外壁部分の点検や、屋上防水、給排水管の点検などを行い

買い主が購入後そのまま使用できる状態かどうか知っておくことが必要です。

 

それを行わないと、買い主が物件を内見したときに費用がかかる物件と思われてしまい

高く売れなくなることに繋がります。

 

ただし、買取業者などの専門家が購入する場合は別で

この瑕疵担保責任を追わずに売ることができるケースもあります。

そのかわり売却価格は少し安くなるといったように調整します。

 

リフォームしなければいけないといったルールなどはありませんが

買う側に立ったときに、購入後あれこれ修繕を行う必要がある物件は

プロ以外ではあまり手を出さないので結果として売れにくくなるということです。

 

早めにすべての修繕費用でどのくらいかかるのか?

また、そのうちどこまでを売り主負担で行い売り出すのかを

決めてから売りに出しましょう。

一棟マンションを急ぎで売るなら業者の買取

弊社も最近は毎日のように買取業者が飛び込んできます。

売りビルや土地など様々な得意な業者が来ますので

現在は古い建物が立っていても業者の買い取りなら

高く売れることもあります。

 

そのような物件をお持ちでしたらぜひご相談ください。

 

すぐに価格を査定いたします。

 

古屋がある場合は売り主で解体を行い、更地にした後

ボーリング調査を行い、地中にガラなどの障害物がないかどうかを

確認しなければいけません。

 

土壌汚染対策法が現在はありますので、きちんとした状態に戻す義務は

売り主に課せられています。

 

大抵の場合は売主側でもわからないと思うので、

更地の状態でボーリング調査を行い売り渡します。

 

高く売却するなら満室にしてから

売りビルなどのチラシを見ていると

利回り何%と記載があって、収入が得られるようにありますが、

基本的には予想利回りではなく、実際に今、入居者がいて収入が

あることをアピールしないと買い主は検討しにくいです。

 

買った後本当にこの家賃収入が得られるかどうかは

誰でも気になりますよね。

そのために理想は満室で、賃貸経営できていることを

記載できることが望ましいです。

 

その他にもいくつかコツがありますが

物件にもよるところがありますので

個別にご相談ください。

 

ご自分のビルで思い当たることがありましたら

早めに対処することをおすすめします。

 

賃貸管理で設備に関するお悩みなどありましたら、お気軽にご相談ください。

専門スタッフによる適切なご提案をさせていただきます。

 

墨田区周辺の江東区、台東区、江戸川区なども

取扱エリアですので大丈夫です。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*