保険でどこまでカバーできるのか

今回は建物所有者がかける火災保険、施設賠償保険で漏水事故が起きたとき

どこまでカバーできるのかのお話しします。たまに全ての事故は保険をかけているので

保険会社に通知すれば保険が下りるとお考えの方がいらっしゃいます。結論からお話し

しますと、建物の防水層や外壁のクラックなどが経年劣化してそこから水が進入して

漏水事故になった場合は保険の対象外です。


スポンサードリンク



保険ではカバーできない部分ですので、今までお話ししたとおり

自主的に問題がないかどうかを確認して早めに手を打つ必要があります。

また、入居される方は建物の室内だけではなく、外側もきちんと手入れしてある物件か

どうかを借りる前にチェックしましょう。突発的な事故ではないし、配管が外れた

などの部分的な意味で対象外になります。

オーナー様向け画像リンク


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*