マンション経営の経費とはどんなものがあるの?

マンションを経営していると色々とお金がかかる

ことがあります。

 

マンション経営の経費にはどんなものがあるのか

ご紹介していきます。

 

所得税の確定申告のときに節税にもかかわってきますし

普段から税理士さんに任せている方でも

大体の項目は知っておくと良いです。

 

賃貸経営としてどのようなものがあるかご紹介していきます。

マンション経営の経費その1 固定資産税など

まずは支払っている税金で、固定資産税は経費として

認められます。

 

マンションを所有している場合は建物の部分が

多くを占めて、土地よりも比率が高いことがわかります。

毎年来る納付書で確認しておきましょう。

マンション経営の経費その2 修繕費

マンションの経営をしていると多くの部分は室内の

リフォームなどの修繕費用が挙げられます。

 

壁紙交換費用、鍵交換費用、トイレのリフォーム

床の張替えや補修費用、エアコンの交換費用

賃貸物件ならではの経費として認められる部分です。

 

マンション1棟で所有している方は

外壁塗装の費用や屋上の防水工事費用など

共用部分も含めた建物全体の修繕費用が含まれます。

 

マンション経営の経費その3 交際費

交際費は、マンションの管理会社や仲介業者との

飲食やオーナー仲間との懇親会の費用も含めることができます。

 

ですので、飲み会などがあった場合は

領収書を保管しておきましょう。

マンション経営の経費その4 その他の経費

建物の減価償却費は、毎年経費として上がってくる項目で

2通りの計算方式がありますので、

税理士さんなどに相談しながら計上しましょう。

 

その他の経費としては清掃費、不動産業者に支払う広告費

などがあります。マンション経営に関してなら

含めることができます。

 

マンション経営は収入を経費が上回ることのないよう

しっかり利益を出していかなければいけませんが

一年単位では赤字でもメリットはあります。

 

一定の節税効果があるからです。

ですので、今年かかった修繕費は

あとあとの収入をきちんと生み出すためのものだから

必要だと考えていきましょう。

 

マンション形経営が単独で黒字で回っていかないと

意味がありません。

 

あくまでも不動産投資は長期目線で考えていかないと

安定した収入は得られないからです。

 

経費が少なければ利益率は高いビジネスですので

空室のリスクを最小限に抑えるためにも

必要な経費はしっかりと考えて使っていきましょう。

 

古くなってきたビルの経費はどんなところにかかってくるのか

お答えできますので、お気軽にご連絡ください。

 

不動産管理、ビル経営でお悩みなどありましたら、お気軽にご相談ください。

専門スタッフによる適切なご提案をさせていただきます。

 

墨田区周辺の江東区、台東区、江戸川区なども

取扱エリアですので大丈夫です。

 

その他経費に関する人気の記事はこちら


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*