インターネットが普及しても良い物件の多くは紹介で決まっている

最近は、不動産の物件情報を探すのにもインターネットで探さない人がいないくらい

皆さん利用されていますね。スマートホンが普及してから特に気軽に物件情報が手に入る時代になりました。

でも、実際にはネットに掲載されていない、もしくはあえて掲載しない物件は相当な数あります。


スポンサードリンク



実はネット上の物件情報はごく一部でなかなか決まらなくて残った物件も結構ある

全ての物件を把握することができないので分かりませんが、恐らく半分以上はあると思います。

ネットが普及していなかった以前の時代は、物件を探している人は直接不動産屋さんに行き

図面を集めて内見をいくつかしながら気に入った物件を契約する流れしかありませんでした。

現在はこの方法をとらず、ネット上の情報が何十倍もの量で無料で得られてしまうだけに

ネット上の情報だけであるないを判断して、不動産屋さんに行かずに結論を出される方が

とても多くてもったいないと感じています。

ポータルサイトに掲載されている物件情報は実際決まりずらい物件が多い

ほとんどの物件の大家さんは、管理会社不動産屋さんに入居者募集及び契約

手続きを依頼し、それら依頼を受けた不動産業者は自社で客付けする

ことをまず優先させます。そのため、担当した不動産屋さんがポータルサイト等に何件も物件を

常にのせている不動産業者でしたらおそらく掲載することになって、多くの物件探しを行っている方の

目につくかもしれません。しかし、ポータルサイトに常に掲載するには毎月多額の費用がかかり

仲介専門店以外では実際に地元のの業者は恐らくほとんど利用していません。

皆が良い部屋と思えるような物件でしたらなおさらです。

取扱物件が少ない業者では人気物件は水面下で決まっている

常に多くの空室を抱えていない限り、掲載する物件が少ないと合わないからです。

そのため、相場より安くてすぐに決まるであろう物件情報が、ネット上に掲載されていなかったり

するのです。では、どのように決めているかというと、ほとんどは自社に直接ご来店されたお客様

に優先して紹介して決まっています。または、以前契約いただいたお客様のご紹介の方などです。

不思議なことに紹介され来店されたお客様は、なぜかこちらを信頼していただけて周辺相場の

話しや、その他の地域のお話しもできたりしてこちらのお話しを受け入れてくれるのです。

この信頼関係があるために、例えばすぐ近くに何店も不動産屋さんがあったとしても、他へは

行かずに当社で決めてもらえるはずという前提で物件データを探すので、管理物件で空室が

なくても過去のデータから空き予定のオススメ物件を調べたりすることができるのです。

その結果、まだ表に出回っていない人気のお部屋の情報で申し込みを入れることができたり

することが多く、それらの情報はほとんどネット上には出ずに決まっているのです。

管理会社も1日でも早く決めたいわけですから、話がスムーズに進みます。

自分にとって良い物件は実際に足でまわって探すのがベスト

このように広告に上がる前に決まっていく物件は実際にとても多いと思いますし、物件探しを

している方はここを考えながらネットに多く掲載しているからだけではなく、希望の地域の業者を

数週間足で回っていく位の行動はしたほうが良い情報は入りやすいと思います。

あとポータルサイトに多く掲載している業者があったとしても、その全てが管理物件とは

限らないので、来店前にどの程度が管理物件かを電話で確認してからいった方が他を

まわる時間も取れるでしょう。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*