大家さんの悩みでよく聞く3つのこととは!?

不動産を所有する大家さんには
それぞれに悩みがあります。

空室の問題や、老朽化による建て替え、
入居者募集、家賃滞納などです。

今回は、その中でも3つ、
よく聞く大家さんの悩みについて
みて行きましょう。

大家さんの最大の悩みとは

大家さん最大の悩みは
空室が埋まらないということではないでしょうか。

駅近くの物件でも意外に
部屋が埋まらないと悩む大家さんはいます。

空室をなくすために、
老朽化した物件を大規模にリフォームすべきか
悩んでいる大家さんもいます。

理由は、金融機関から借金をしてリフォームしても
入居率が高くなるかどうかわからないからです。

入居率を高める最短の方法は
家賃を下げることや入居審査のハードルを
低めにするなどあります。

しかし、かえって家賃の未払いの発生を招いたり、
近隣とのトラブルの原因を引き起こす住人が
入居する可能性もあります。

 

大家さんの悩みを解決する方法とは

ではこれらの悩みをどうのように
解決していけばいいでしょうか。

入居率を上げるためには管理会社の
営業方法もポイントになります。

空室の募集情報を細かく記載したり、
内覧には大家さん自身が出向いて
説明するのもいいでしょう。

新築でなくても、
大家さんの熱意に希望者が触れること、
また大家さんも直接、入居希望者に触れることで
人となりが分かるのもポイントです。

ホームステージングも一つの方法です。

レンタルで家具や調度品を置くことで
入居者希望者が生活するイメージが湧いてきます。

こうしたホームステージングを
専門に手がける会社もあるくらいです。
それを利用する大家さんもいます。

入居率を上げるのは近隣にある
家賃が同額の物件との差別化がポイントです。

この物件を借りたら
どういったメリットがあるのか。

希望者の生活スタイルを聞きながら
大家さんもイメージして、
セールトークをすることも大切です。

そうすれば安易に家賃を下げたり、
審査基準を甘くしたりする必要はないのです。

次に万全のセキュリテイや
快適なインフラ環境も入居者には
セールスポイントになります。

今の時代この二つはなくてはならないと
いっても過言ではありません。

 

管理会社との関係がうまくいっていない

そんなときは、別の地場の業者に物件を見てもらいましょう。

管理会社からの話は参考にはしますが、
それ以外の管理会社の意見も取り入れて検討しましょう。

掃除が行き届いているか、
館内の照明は切れていないか、
明るさは十分か、駐輪場の管理はできているか。

また直接入居者に話を聞いても
いいかもしれません。

管理会社だけではなく、
大家さんも現状をしっかり認識することで、
トラブルで退去者が出ることを
ある程度抑えられるかもしれません。

大家さんの悩みでよく聞くことのまとめ

不動産を管理するには
人それぞれに悩みがつきものです。

ただ、大家さんが本気で悩みを解消していきたいと
考えるなら、自ら行動を起こすことで
解決できるものがあるのです。

その上で空室対策やリフォームなど
できることをはっきりさせ
安定した収入を得られるよう改善していきましょう。

 

不動産管理、ビル経営でお悩みなどありましたら、お気軽にご相談ください。

専門スタッフによる適切なご提案をさせていただきます。

 

墨田区周辺の江東区、台東区、江戸川区なども

取扱エリアですので大丈夫です。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*