現金を土地に変えておくと相続税の節税になる

よく聞く相続税対策で、賃貸マンションやビルなど
収益性のある物件を購入する話があります。

それは、現金に比べて不動産の評価の方法により
税率が不動産のほうが安くなるからです。

土地の相続税評価は主要な市街地について
国税庁が定める路線価に従って評価されます。

しかし、路線価は時価評価の80%程度の水準で設定されていますから、

この違いを利用して、相続財産を現金で保有しておくのではなく

土地や建物で保有するようにすれば相続税が節税できます。

相続税評価における路線価は時価の70-80%程度

相続税評価における土地評価は一般的には路線価方式で行います。

路線価方式とは土地の相続税評価の際に、
路線価に評価対象地の地積を乗じて評価額を計算する方式のことを言います。

路線価とは、市街地的形態を形成する地域の路線(不特定多数が通行する道路)に面する
宅地の1㎡当たりの価格のことを言います。

路線価は、全国の市街地について国税庁が設定して
それをホームページで公開していますので、それから確認できます。

例えば、東京都新宿区新宿5丁目3番に接する道路の路線価は1,650千円/㎡ですから、
この地番の土地100㎡の相続税評価額は、1,650千円×100=1億6千5百万円ということになります。

さて、路線価は時価の80%程度と言われています。

上記の土地についていえば、路線価が1億6千5百万円であるとすると
この土地の時価は2億625万円ということになります。

時価とは普通に不動産取引を行うとした場合に成立する価格のことです。

現金が土地に変わると相続税の評価が70%程度に

相続税評価における路線価が時価の70-80%程度であるということは非常に重要です。

例えば、1億円の現金をお持ちの方が現金を持ったままお亡くなりになられた場合、
相続財産評価額は1億円です。

しかし、この方が生前に1億円の現金で土地を購入していた場合には、
相続税評価額は時価評価額の80%ですから8,000万円となります。

現金を土地に変えておくだけで相続財産を20%削減することができます。

相続財産を20%削減した場合に、相続税も20%削減されるかというと

必ずしもそうではありませんが、いずれにしても間違いなく節税効果は発揮します。

土地を購入するだけで相続税の節税ができるのですから、

この方法は誰でもできる非常に単純明快な方法で多くの方が行っています。

土地を貸し出すと相続税評価額は激減する

現金で土地を買っておくことは非常に簡単な相続税の節税の方法ですが、
購入する土地はどんな土地でもよいというわけではありません。

購入した土地は遊ばせておくわけにはいきませんので、

購入後に十分な活用ができる土地を選んで購入する必要があります。

土地の利用方法としては、駐車場として利用する方法や賃貸住宅を建築して賃貸に出す方法があります。

また、更地のまま借地として貸し出す方法があります。

相続税の節税の観点からは、駐車場敷地としてか又は更地のまま他人に貸し出す方法が最も適切です。

他人に土地を賃貸すると、相続税評価において、更地評価額×借地権割合に

相当する金額を更地価格から控除して評価額を計算できます。

借地権割合は、更地価格(所有権価格)に対する借地権価格の割合のことを言います。

例えば、借地権割合が70%の地域に所在する土地に借地権が設定されていた場合には、
その借地権の相続税評価額は更地価格に70%を乗じた金額になります。

借地権割合が70%の地域の土地を他人に貸し出している場合に、

その土地が相続財産となるとその相続税評価額は更地価格の30%になりますので、
相続税評価額を70%削減できます。

購入した土地に賃貸マンションやビルを建てる

相続税対策として土地を購入した場合に購入した土地を活用することが重要となるのですが、
その活用方法の1つに購入した土地にマンションやビルを建てて賃貸に出す方法があります。

この方法は、更地のまま借地に出す方法よりも、
土地の相続税評価額は高くなるので相続税の節税効果としてはイマイチです。

しかし、更地のまま借地に出すと、借地人がその土地に建物を建てたりすることが多くなりますが、

そうなると購入した土地の利用が著しく制限されます。

一方、購入した更地に自分でマンションやビルを建てて賃貸に出す場合には、

土地と建物の名義が自分名義ですから、

土地の利用が大幅に制限されることはありません。マンションやビルの賃貸による不動産収入も入ってきます。

あなたの土地にどのような建物を建築できてどれくらいの収入を得ることができるのか

無料でシュミレーションをご提案できますので
お電話やメールでお気軽にご相談ください。


更地に賃貸マンションを建てた場合、相続税はどれくらい安くなるの?

相続税対策の代表的な方法として、相続財産の更地を保有している場合、
その更地にマンションを建てて賃貸に出す方法があります。

この方法を採用した場合、一体どのくらいの相続税が節約できるかについて解説します。

貸家建付地の相続税評価の方法について

更地にマンションを建てた場合、相続税がどれだけ節約されるのかということを解説する前に、
貸家建付地の相続税評価の方法について解説します。

土地上に賃貸住宅が建っている土地のことを貸家建付地と言います。

相続税評価では、この貸家建付地の評価額は次のように計算します。

 

貸家建付地の価額=更地価格-更地価格×借地権割合×借家権割合×賃貸割合

 

ここで、借地権割合とは相続税評価において借地権の設定されている土地について、
土地の所有価格に対する借地権価格の割合のことを言います。

例えば、借地権割合が30%であれば、その土地の更地価格が1,000万円である場合には、

その土地に設定されている借地権(賃借権や地上権)の評価額は300万円となります。

 

借地権割合は国税庁のホームページから簡単に確認することができます。

借地権割合は全国の市街地のほぼすべてに設定されており、その割合は30%~90%になります。

更地価格が高ければ高いほど借地権割合は高くなる傾向があります。

借家権割合は、土地上に借家が立っている場合、
大家からその借家を借りる権利の評価額の土地評価額に対する割合のことを言います。

借家権割合はほぼ全国一律に30%となります。

賃貸割合とは、マンションなどについて賃貸可能な部屋の総面積に

対する実際に貸し出している部屋の面積の割合のことを言います。

簡単に説明すると、全く面積が同じ部屋が10部屋あるマンションについて、

そのうちの8部屋を実際に貸し出し残り2部屋が空室である場合、賃貸割合は80%となります。

更地にマンションを建てた場合、相続税はどれくらい安くなるか

更地の相続税評価で1億円の土地を保有している方を想定します。

単純化のため、この方の相続財産はこの土地のみ、
この方の推定相続人は配偶者と子が2人とします。

この方の相続について土地を更地で保有して場合には、
3人の相続人が支払う相続税の金額は以下のように計算されます。

{1億円-(基礎控除額:3,000万円+600万円×3人)}×30%-700万円=860万円です。

一方、当該土地の所在する地点での借地権割合が70%、借家権割合が30%、賃貸割合が100%とします。

すると、この土地にマンションを建設して賃貸して貸家建付地とした場合の

この土地の相続税評価額は1億円-1億円×70%×30%×100%=7,900万円となります。

これから基礎控除額4,800万円を控除すると3,100万円が相続税の課税財産となります。

3人の相続人が支払う相続税の総額は、3,100万円×20%-200万円=420万円となります。

このケースで、更地を相続財産とした場合の3人の相続人が支払う相続税の金額が860万円で、

相続財産を貸家建付地とした場合の相続税が420万円ですので、

差額の440万円が更地を貸家建付地とすることにより節税される金額ということになります。

貸家建付地は相続税対策として単純明快な方法

平成27年から、相続税の基礎控除額が4割程度引き下げられました。

この引き下げによって、相続発生者のうち相続税が課税される人の割合が

4%から6%に増大すると言われています。

従って、今後は相続税対策はますます重要となってきます。

更地を所有している方が更地にマンションを建てて賃貸に出すと、

土地の相続税評価が引き下げられるので、

相続税を引き下げることができます。

この方法は、非常に単純明快な方法なので土地のオーナーの方であれば簡単にトライできます。

賃貸マンションを持っていると不動産収入も入ってくるし、

相続税の節税と併せて一石二鳥です。

更地にした場合と貸家建付地にした場合とでは、
相続財産が低くなることをご理解いただけましたでしょうか?

あなたの土地にどのような建物を建築できて
どれくらいの収入を得ることができるのか

無料でシュミレーションをご提案できますので
お電話やメールでお気軽にご相談ください。


土地を更地で保有するデメリットとは?

土地を更地で保有していると相続の時に相続税が高くなりますので、
更地で保有している土地があったら、土地上に建物を建てるなどの対策が必要です。

遊休地をお持ちの方であれば、相続が目前に迫ってあわててからではなく、
早めに対策を打っておくことが良い選択です。

更地の相続税は高くなってしまう

相続財産が更地である場合、その更地の評価額がそのまま相続財産に算入されます。

相続税の最高税率は55%ですから、最高税率が適用された場合には、
相続財産の半分以上が相続税として徴収されます。

特に都市部に土地をお持ちの方であれば土地の評価額が高額になりますから、
その分相続財産の金額も大きくなり、より高い税率が適用されて相続税も高くなります。

 

貸家建付地にすると相続税が節約できる

更地を保有している方であれば更地にアパートなどを建築して
賃貸に出しておけば、相続の時に相続税を節約できます。

更地にアパートなど建ててそれを賃貸に出した場合、
その敷地となっている土地は貸家建付地となります。

貸家建付地の相続税評価額は、更地価格から
更地価格×借地権割合×借家割合×賃貸割合で
計算される価額を控除した金額となります。

借地権割合と借家権割合は国税庁のホームページで公開していますので、
調べることができます。

借地権割合は評価対象地の所在地に応じて30%~90%となっています。
借家権割合は全国ほぼ一律で30%となっています。

賃貸割合は、アパートの賃貸面積に対する実際に賃貸されている
面積の割合のことを言います。

例えば、評価対象地の借地権割合が70%、借家権割合が30%、賃貸割合が100%とした場合、
借地権割合×借家権割合×賃貸割合=21%となります。

従って、このケースでは更地を相続財産とするよりも、貸家建付地を相続財産とした方が、
21%も相続財産の価額を引き下げることができます。

借地権割合の確認方法

貸家建付地の相続税評価で使用される借地権割合や借家権割合は、
国税庁のホームページから簡単に確認することができます。

国税庁のホームページから「平成30年分財産評価基準を見る」のページに入ります。
すると、日本の全国地図が表示されていますから、評価対象地が所在する都道府県をクリックします。

○○都道府県財産評価基準目次が出てきますので、その中から「路線価図」を選択すると、
選択された都道府県内の各市区町村のリストが出てきますので、
そのリストの中から評価対象地の所在する市区町村名をクリックします。

市町村名をクリックすると、その町内の町又は大字名と路線価図ページ番号が出てきます。
評価対象地が含まれる町内又は大字に所属する路線価図ページを開くと、
住宅地図と路線価が表示されています。

路線価図で評価対象地の所在を確認したら、対象地に接する路線にAからGまでの
アルファベット記号が記載されていますので、その記号を確認します。

アルファベット記号に応じて、借地権割合が次のように定められています。
記号 借地権割合 記号 借地権割合
A 90% E 50%
B 80% F 40%
C 70% G 30%
D 60%

この記号を確認することで、
評価対象地の借地権割合を調べることができます。

借家権割合の確認方法

借家権割合を確認する場合も、国税庁のホームページから
「平成30年分財産評価基準を見る」のページに入ります。

すると、日本の全国地図が表示されていますから
、評価対象地が所在する都道府県をクリックします。

都道府県をクリックすると「○○都道府県財産評価基準目次」が出てきますが、
ここで「借家権割合」のタブをクリックします。

すると、選択した都道府県の借地権割合が表示されます。
借地権割合は同一の都道府県であれば一律に同じ水準です。

例えば、東京都の借屋権割合は30%です。

 

土地を更地で保有するデメリットまとめ

相続財産が更地の場合には相続財産の金額が大きくなり、
その分相続税が高くなります。

更地にアパートやマンションなどを建てて賃貸に出すなどしておけば、
相続財産の価額を引き下げて相続税を節約できます。

更地にした場合と貸家建付地にした場合とでは、
相続財産が低くなることをご理解いただけましたでしょうか?

あなたの土地にどのような間取りの建物を建築できて
どれくらいの収入を得ることができるのか

相場や最新の需要などについても
無料でシュミレーションをご提案できますので
お電話やメールでお気軽にご相談ください。

 

 


ポストがオートロックのドアの内側にあって郵便物が届かない!

先日、来店された方から今まで住んでいたマンションが不便で

引っ越したい。なにかいい賃貸マンションはないかと依頼を受けました。

 

どんなところに不便を感じているのか聞いてみたところ

なんとマンションの集合ポストがオートロックのドアの内側にあって

郵便物の殆どが届かないからということでした。

 

そんな事があるのかと聞いてみたところ

いくつか面白い話が聞けたのでお伝えします。

マンションの管理会社は問題なくとどくというが

そのマンションは最近建築されたマンションで

集合ポストの外側から郵便屋さんなどが入れることができて

オートロックの内側で取り出すというタイプでもないようでした。

 

そのため、知人に書類を届けておいてもらうとか

その場合はすべて暗証番号を外部に知らせないと

ポストに入れることができない構造になっています。

 

この状態を管理会社に伝えたところ

郵便屋さんは専用のドアから入れるから郵便物は届くと

説明されたらしいです。

 

しかしよく考えると、ポストに物を届けるのは

郵便局員だけではなく友人や遠方からくる運送関係の方など

様々です。

 

そのために通常は外にポストを設置してすぐに分かるようにしているのに

それを内側に隠すようにしてしまうと、郵便物が届かないと入居者は大変不便

な生活を強いられます。

 

通常の方なら郵便物が届く昼間は外出していますし

連絡の取りようがありません。

不在票も入れられない

その方によるとネットショッピングで何かを買っても

不在票も入らないのでいつ届けられたかもわからないそうです。

 

結局大事な書類が何通も届かないことで

問題が起きたので他に移ると決断したようです。

 

集合ポストは外側から入れることができて

取り出せないタイプのものは何度も見たことがあります。

 

しかし、ポスト自体がオートロックの内側にあるのは

初めて聞きました。

解決策はオートロックの開放もしくは移設工事

今回のタイプのポストは結局皆さん暗証番号を

様々な業者や知人に教えて使っているので

結局セキュリティーは大幅に下がると口をそろえて言っているそうです。

 

そしてこれを解消するには、オートロックのドアを開放する

しかないので、それならあってもなくても同じということでした。

 

このような物件であることを事前に入居者に説明した上で契約しないと

後で必ず問題になることなので管理会社としても注意しないといけないと思いました。

路頭に迷う配達員

何度か配達員の方から言われたのが

届け先の方の電話番号が記載されているわけではないし

連絡の取りようがないので、このような物件は非常に困るとのことでした。

 

急いで配達してもらいたいものがある場合は

ポストに投函できるタイミングも限られそのタイミングで

受け取る側も連絡がとれるようにしておかないといけないのはやはり

現代社会に適合しているとは言えないかもしれません。

 

やはり入居者目線ですべての方が気持ちよく使える

設備の設置を考えていかないといけません。

 

不動産管理、ビル経営でお悩みなどありましたら、お気軽にご相談ください。

専門スタッフによる適切なご提案をさせていただきます。

 

墨田区周辺の江東区、台東区、江戸川区なども

取扱エリアですので大丈夫です。

 


大家さんの悩みでよく聞く3つのこととは!?

不動産を所有する大家さんには
それぞれに悩みがあります。

空室の問題や、老朽化による建て替え、
入居者募集、家賃滞納などです。

今回は、その中でも3つ、
よく聞く大家さんの悩みについて
みて行きましょう。

大家さんの最大の悩みとは

大家さん最大の悩みは
空室が埋まらないということではないでしょうか。

駅近くの物件でも意外に
部屋が埋まらないと悩む大家さんはいます。

空室をなくすために、
老朽化した物件を大規模にリフォームすべきか
悩んでいる大家さんもいます。

理由は、金融機関から借金をしてリフォームしても
入居率が高くなるかどうかわからないからです。

入居率を高める最短の方法は
家賃を下げることや入居審査のハードルを
低めにするなどあります。

しかし、かえって家賃の未払いの発生を招いたり、
近隣とのトラブルの原因を引き起こす住人が
入居する可能性もあります。

 

大家さんの悩みを解決する方法とは

ではこれらの悩みをどうのように
解決していけばいいでしょうか。

入居率を上げるためには管理会社の
営業方法もポイントになります。

空室の募集情報を細かく記載したり、
内覧には大家さん自身が出向いて
説明するのもいいでしょう。

新築でなくても、
大家さんの熱意に希望者が触れること、
また大家さんも直接、入居希望者に触れることで
人となりが分かるのもポイントです。

ホームステージングも一つの方法です。

レンタルで家具や調度品を置くことで
入居者希望者が生活するイメージが湧いてきます。

こうしたホームステージングを
専門に手がける会社もあるくらいです。
それを利用する大家さんもいます。

入居率を上げるのは近隣にある
家賃が同額の物件との差別化がポイントです。

この物件を借りたら
どういったメリットがあるのか。

希望者の生活スタイルを聞きながら
大家さんもイメージして、
セールトークをすることも大切です。

そうすれば安易に家賃を下げたり、
審査基準を甘くしたりする必要はないのです。

次に万全のセキュリテイや
快適なインフラ環境も入居者には
セールスポイントになります。

今の時代この二つはなくてはならないと
いっても過言ではありません。

 

管理会社との関係がうまくいっていない

そんなときは、別の地場の業者に物件を見てもらいましょう。

管理会社からの話は参考にはしますが、
それ以外の管理会社の意見も取り入れて検討しましょう。

掃除が行き届いているか、
館内の照明は切れていないか、
明るさは十分か、駐輪場の管理はできているか。

また直接入居者に話を聞いても
いいかもしれません。

管理会社だけではなく、
大家さんも現状をしっかり認識することで、
トラブルで退去者が出ることを
ある程度抑えられるかもしれません。

大家さんの悩みでよく聞くことのまとめ

不動産を管理するには
人それぞれに悩みがつきものです。

ただ、大家さんが本気で悩みを解消していきたいと
考えるなら、自ら行動を起こすことで
解決できるものがあるのです。

その上で空室対策やリフォームなど
できることをはっきりさせ
安定した収入を得られるよう改善していきましょう。

 

不動産管理、ビル経営でお悩みなどありましたら、お気軽にご相談ください。

専門スタッフによる適切なご提案をさせていただきます。

 

墨田区周辺の江東区、台東区、江戸川区なども

取扱エリアですので大丈夫です。