不動産を売るときに必要なものとは?

不動産オーナーさんが常に考えていることで

将来的に売りたいけど、どんなことを準備しておいたらいいのか知っておきたい。

できれば高く、スムーズに売りたいので情報集めをしている方に

今回は必要なことをお伝えしていきます。

まず、お持ちの物件がどのような種類の物件かにもよりますが

やっておくべきことは、土地の測量です。

測量士に依頼して面積を測り、隣地所有者と立ち会いを行い、実測図を作成するのが目的です。

実測図は、隣地所有者と境界がはっきりしていることを証明できるので、

買主へ問題ない土地であることを説明できる資料です。

 

それ以外にも樹木などの越境物が無いかどうかの確認や地中埋設物の有無を調べることも重要です。

売り主は昔と違い、地中埋設物が見つかった場合には撤去する義務があります。

 

買い主が撤去費用などを負担することで合意していない限り、知らずに売買しても

あとで負担が生じるので、できればボーリング調査などを行うことも考えておく必要があります。

 

不動産を売買するときに必要な書類

土地や建物の権利証は原本が必要ですので手元に用意しておきましょう。

税金や消費税などを計算するときに使う固定資産税評価証明書も事前に取得しておく。

抵当権が設定されている場合は抹消が必要なので金融機関との話も必要になります。

買い主へは契約時に登記簿謄本を見せながら説明が必要です。

 

買い主がローンを組んで購入する場合はローン条項を設定する

通常、不動産売買の場合は現金で数千万円、数億円の決済をすることは稀で

多くの場合は買い主は売買契約締結後に、金融機関にローンの申込みをします。

その際に、審査があり、予定した金額の融資が受けられないと判断された場合には

予め設定しておいたローン条項に基づき、白紙解約の形になるのが通常です。

 

売り主は、予めそれを考慮した上で受領済みの手付金は保管しておきましょう。

時間的な制約がある場合は、売値を下げて急いで確実に売る方法もあります。

 

まずは、売却の査定依頼をして、最低いくらで売れそうなのかを知っておくことが重要です。

必要なことを準備するだけでも1ヶ月以上はかかりますので、できるうちに検討してみてはいかがでしょうか?

 


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*