相続税支払い時の不動産の分割

 

不動産を相続した場合、相続税を支払うために土地を分筆するには
どのような手順で行うのでしょう。土地や建物の分割方法を紹介します。

相続税を支払う時に土地があり分筆を行う場合

遺言書や協議で分ける必要がない場合もありますが、複数の法定相続人がいた場合は
相続予定の資産を分ける必要があります。
不動産の分け方は3種類あり、(1)土地の分割…登記簿上の変更をしないで
、机上の土地の線引きをすることをいいます。
建築基準法に適していれば、新築で家等を建てられます。
(2)土地の分筆…登記簿上2つの土地に分けます。(3)共有名義…土地の名義を共有します。
共有した場合の持ち分配分まで決めることが可能です。
(1)(3)に関しては登記簿上一つの土地ですので、抵当権設定等がすべて土地を
持っている全員の合意が必要になります。
共有名義の場合は売買契約書や重要事項説明書への署名押印もすべて連名になります。
(2)はローンを組む際も連名での署名等も必要ありませんので、手続き上の面倒は発生しません
。ただし、代々守ってきた地主の方などは勝手に土地を売ったりしないよう
制限をかけることができます。

代償金を支払い均等に分割することもできる

上記で説明した通り、不動産を分ける方法はいくらかありますが、なかなか現金のように
きれいに分けるのは難しい場合があります。
そこで代償金を支払うという方法もあります。例えば1500万円の土地と500万の現金を
二人の法定相続人で等分するとき
、1000万ずつ分けるのは土地があるので難しいという状況の場合、代償金を支払うという
方法があります。
Aが1500万の土地を相続し、Bが500万現金を相続し、代償金としてAがBに対して
500万支払えば、1000万ずつ等分されたことになります。
このAが払った現金のことを代償金と言います。代償金で支払えば、等分したことになるので、
きれいに分けることができます。
ただし、相続税を支払うための土地の評価額は相続税路線価で決まりますが、
代償金の金額を支払うための
土地の評価額には特に決まりがありませんので、注意が必要です。
土地の相続は意見の食い違いが生じることもあるので、生前に遺言状や資産を整理する

ことも選択肢としてあります。

簡単60秒であなたの不動産の売却価格が分かる一括査定サイト↓


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*