現在の日本は現金を持っている状態で相続が発生すると、相続税においては非常に不利に働きます。

1億円の現金を相続する場合と、7,000万円の土地と3,000万円の建物の合計1億円で

相続をするのでは、条件によりますが最大で2倍以上の税金の支払いに開きが出ます。

平成27年から相続税控除の対象が引下げられ、相続税を支払う必要がある人が増えて

いますので、皆さん相続が発生した場合、対策を行うのとそうでない場合との

シミュレーションは出しておく必要があります。

そこで、今回は相続税対策にマンションを購入するメリットを挙げたいと思います。

続きを読む