家賃保証会社があれば保証人は不要?連帯保証人の必要性とは?

以前は聞くことがなかった家賃保証会社。

借り主が家賃を払えなくなったら変わりに

家賃を支払ってもらえる会社です。

 

その場合の連帯保証人は必要かどうか?

保証人無しで本当に大丈夫なのか?

大家さんとして知っておいたほうが良いことをお伝えします。

家賃保証会社のサービス内容とは

家賃保証会社の役割は、賃貸需要の減少による競争激化で

大家さん側が今まで連帯保証人さんだけで解決できた

滞納時の問題が、できないケースが増えてきました。

 

契約時には保証すると約束したのにいざ請求してみると

保証人が支払わないようなことが多発したためです。

 

そこで家賃保証会社は。賃貸管理会社を通じて

滞納が始まった月から最大で24ヶ月分まで家賃を立て替えて

大家さんに支払ってくれます。

 

ですので、大家さんは支払い計画に支障をきたすことなく

賃貸経営を継続できます。

 

家賃の建て替え以外にも、退去完了までの債務や

それ以外の一部保証までついた会社もあります。

 

詳しくはお問い合わせください。

家賃保証には保証人ありとなしがある

多くの家賃保証会社のサービスでは、連帯保証人がありの契約と無しの契約が選べます。

保証人無しの場合はありの場合より保証料が高くなっています。

 

賃貸仲介業者は、保証人無しのまま契約を進める業者がいますが

保証人ありの形にしておくことをおすすめします。

 

家賃の保証をしてもらっても、その後の残置物の撤去などは

通常は訴訟を起こして判決が出るまでは

こちらでは何もできないから時間がかかります。

 

それと、保証人がいないとそれらを引き取る人がいないので

その処分方法の決定に対しても時間がかかります。

 

ですので、契約時に連帯保証人を建てられない方には

なるべく貸さないほうが良いです。

 

保証会社も長期に渡り立て替え払いをすれば利益を圧迫するので

早期解決を望みますが、基本は家賃の支払いの保証がメインです。

 

敷金を何ヶ月も預かっていない限り

大家さん負担になってしまうこともあるので気をつけましょう。

連帯保証人は契約時に同席してもらう

大家さんは賃貸管理会社に契約手続きを任ていると思いますが

契約時には保証人同席で行うよう確認しましょう。

 

契約者と同じ債務を負うわけですから、間違いないようにきちんと説明

させないと、請求したときにトラブルが起きかねません。

 

また、家賃保証会社に入る場合はその契約内容も大家さんは

確認しておくと良いでしょう。

 

賃貸管理でお悩みなどありましたら、お気軽にご相談ください。

専門スタッフによる適切なご提案をさせていただきます。

 

墨田区周辺の江東区、台東区、江戸川区なども

取扱エリアですので大丈夫です。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*