MONTH

2016年7月

不動産売買の取引で消費税がかかる場合は?

私たちが一番身近に支払う税金の一つとして消費税があります。 近年8%に上がり、近い将来10%になる可能性もある税金ですが、今回は 不動産にかかわる消費税について紹介いたします。 また、不動産の場合は消費税を支払う必要がない場合もありますので、その方法を ご紹介したいと思います。

固定資産税が変わることがあるって本当?

賃貸オーナーさんはご存じだとは思いますが、不動産保有中にかかる税金としては、地方自治体が 定める固定資産税があります。これは土地及び建物かかる税金で、毎年1月1日に保有している人 にかかる税金になります。土地や建物の税金なんて毎年固定されているし、土地が大きくなる わけでものないのに節税できるの?と思われるかもしれませんが、実は

賃貸オーナーさんは知らない空室が埋まらない理由

賃貸物件の案内で最近感じることがいくつかあります。 借り手が希望する条件が何か、それを賃貸オーナーとして 柔軟に受け入れ、それに合わせた修繕や家賃の引き下げに 応じることができるかどうかで空室のままかどうか決まる 事が多いと感じています。

土地の相続でトラブルになる主な原因はこれ!

親から子へ生まれ育った土地を引き継ぐ相続。 引き継ぐには相続税という税金がかかるのでスムーズに 行かせるには生前親が対策を行う必要がありますが なかなか先延ばしにされて土地について資産として 分けるのは難しいことです。スムーズに行かない原因は何かを あげてみました。