CATEGORY

建て替え

宅地の相続の際に知っておくべき小規模宅地の特例

現金で土地を購入しその土地に賃貸マンションを建設して賃貸に出すという方法は、 相続税の節税方法としてよく知られています。 この方法を採用した場合には貸付事業宅地用の 小規模宅地の特例も適用されるので、相続税の節税効果はより大きくなります。 相続税の計算における小規模宅地の特例とは 相続税の計算における小規模宅地等の特例とは、 被相続人又は被相続人と生計を一にしていた被相続人の親族の事業用又は居住用 […]

現金を土地に変えておくと相続税の節税になる

よく聞く相続税対策で、賃貸マンションやビルなど 収益性のある物件を購入する話があります。 それは、現金に比べて不動産の評価の方法により 税率が不動産のほうが安くなるからです。 土地の相続税評価は主要な市街地について 国税庁が定める路線価に従って評価されます。 しかし、路線価は時価評価の80%程度の水準で設定されていますから、 この違いを利用して、相続財産を現金で保有しておくのではなく 土地や建物で […]

更地に賃貸マンションを建てた場合、相続税はどれくらい安くなるの?

相続税対策の代表的な方法として、相続財産の更地を保有している場合、 その更地にマンションを建てて賃貸に出す方法があります。 この方法を採用した場合、一体どのくらいの相続税が節約できるかについて解説します。 貸家建付地の相続税評価の方法について 更地にマンションを建てた場合、相続税がどれだけ節約されるのかということを解説する前に、 貸家建付地の相続税評価の方法について解説します。 土地上に賃貸住宅が […]

土地を更地で保有するデメリットとは?

土地を更地で保有していると相続の時に相続税が高くなりますので、 更地で保有している土地があったら、土地上に建物を建てるなどの対策が必要です。 遊休地をお持ちの方であれば、相続が目前に迫ってあわててからではなく、 早めに対策を打っておくことが良い選択です。 更地の相続税は高くなってしまう 相続財産が更地である場合、その更地の評価額がそのまま相続財産に算入されます。 相続税の最高税率は55%ですから、 […]