CATEGORY

民泊ビジネス

スルガ銀行で問題になったシェハウスの問題点とは!?

スルガ銀行の融資問題でシェハウスのことが話題になっています。 銀行融資に関してのこともありますが、シェアハウスは 通常の賃貸借契約とは大きく違うことがあります。   ビルオーナー、大家さんの立場からシェアハウスで貸した場合の安全性や、 問題点などについてお伝えしていきます。 シェアハウスとはどういうものか? シェアハウスとは3LDKなどの物件を複数の借り主が 借りてトイレやバス、キッチン […]

民泊の営業は年180日以下で閣議決定民泊ビジネスは終了か?

先日の記事でもお知らせした民泊ビジネスについてですが、ここにきて大きな 転換点をむかえようとしています。政府が6月2日の閣議で民泊については年間に 部屋を貸し出せる日数を180日以下とすることを条件にして住居専用地域でも容認する こととした。営業日数に関しては英国では90日、オランダでは年60日となっており これを参考にするようですので厳しくなる可能性もありますね。

不動産業者から見た民泊とは

昨日にたまたま発見したニュースで、アメリカのAirbnb社がサービスとして、同社のサービスを 利用する民泊の近隣住民向けにツールを開発したようです。騒音などのトラブルを報告すると Airbnbが審査をして民泊の運営者に懸念を伝えるというもの。 やはりそれだけ近隣住民とのトラブルが多いということですね。